汚染者負担原則とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 汚染者負担原則の意味・解説 

お せんしゃ ふたんげんそく を- [8] 【汚染者負担原則】 〔polluter pays principle〕

環境汚染防止するための費用は,すべてその原因となった者が負担するという原則PPPPP 原則

汚染者負担原則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/07 01:44 UTC 版)

汚染者負担原則(おせんしゃふたんげんそく、polluter-pays principle 略称PPP)は、本来は、経済協力開発機構(OECD)が1972年5月26日に採択した「環境政策の国際経済的側面に関する指導原則」で勧告された「汚染者支払原則」、すなわち、環境汚染を引き起こす汚染物質の排出源である汚染者に発生した損害の費用をすべて支払わせることを意味していたが、その後、OECD加盟国で採択・実施される過程で変化して、特に日本では公害原因企業の汚染回復責任・被害者救済責任の追及に力点が置かれて、PPPの訳語も「汚染者負担原則」(「汚染原因者負担の原則」「公害発生費用発生者負担の原則」とも言う)として一般に定着している。


[ヘルプ]


「汚染者負担原則」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

汚染者負担原則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「汚染者負担原則」の関連用語

汚染者負担原則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

822P

後志利別川

W64S

頚椎

イセエビ

ナイロン

ほつれ止め

87式砲側弾薬車





汚染者負担原則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの汚染者負担原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS