悉曇文字とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 悉曇文字の意味・解説 

梵字

(悉曇文字 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/21 13:46 UTC 版)

梵字(ぼんじ)はインドで使用されるブラーフミー系文字の漢訳名である。ブラーフミーは「ブラフマー梵天)の創造した文字」を意味する。また、単に「梵語(サンスクリット)を表記するための文字」とも解される。日本では歴史的・伝統的に悉曇文字(しったんもじ)を指すことが多く、本項でも主にそちらを説明していく。




[ヘルプ]
  1. ^ The siddham alphabet in Chinese brush style, by Kukai
  2. ^ 空海『梵字悉曇字母釈義』。
  3. ^ 石村、参考文献、pp.11-12。
  4. ^ Siddham - Mantra
  5. ^ I-Tsing(著)、J. Takakusu(訳) "A Record of the Buddhist Religion as Practiced in India and the Malay Archipelago", Asian Educational Services, 2000年12月, pp.170-171
  6. ^ 馬渕、参考文献、pp.1-42。特にp.40の表を参照。
  7. ^ 玄奘 『大唐西域記』巻第二(三国)。2008年2月11日閲覧。「詳其文字、梵天所製、原始垂則、四十七言也。〔…〕而開蒙誘進、先導十二章。」
  8. ^ 義浄 『南海寄帰内法伝』巻第四。2008年2月11日閲覧。「本有四十九字。共相乗転。成一十八章。総有一万余字。」
  9. ^ たとえば田久保、参考文献、第一篇p.76。
  10. ^ 龍樹大智度論』摩訶般若波羅蜜経広乗品(四念處品)第十九、鳩摩羅什訳・釈。2008年2月11日閲覧。
  11. ^ Salomon, Richard (1990). “New Evidence for a Gāndhārī Origin of the Arapacana Syllabary”. Journal of the American Oriental Society (110.2). 


「梵字」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

悉曇文字に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「悉曇文字」の関連用語

悉曇文字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シロフクロウ

ラフ

三浦弘行

キングリバー号

WX310K

補給車

コースター

甘松





悉曇文字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梵字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS