後染めとは?

Weblio 辞書 > 生活 > ジーンズ用語 > 後染めの意味・解説 

あと ぞめ [0] 【後染(め)

布を織り上げたあとで染めること。 ↔ 先染め

後染め(=製品染め)

製品仕上げてから色を染め方法のことで、ガーメントダイ同義で使われる言葉

ブルージーンズは、通常あらかじめインディゴ染めタテ糸染めていないヨコ糸交差して織布するデニム使用し、カラージーンズは赤や黒に染められたヨコ糸染めていないヨコ糸、またはタテ・ヨコ共に染めた糸により織布される生地使用して作られる。それに対して後染めのカラージーンズは、タテ・ヨコ共に染めていない糸を使用して織布し、製品の状態で染める。
生産在庫効率考え生まれ側面もある。


後染め

後染め
生地段階ではなく一度完成されたジーンズなどを後から染めること。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後染め」の関連用語

後染めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オフセットセンターループ

オーシャン パシフィック

フラッシャー

コットン

トリプルステッチ

オンス

別珍

コインポケット





後染めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
WranglerWrangler
Copyrights2002-2017(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
Red cloudRed cloud
Copyright©2017. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved

©2017 Weblio RSS