多重人格探偵サイコとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > 多重人格探偵サイコの意味・解説 

多重人格探偵サイコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/26 16:54 UTC 版)

多重人格探偵サイコ MPD PSYCHO』(たじゅうじんかくたんていサイコ)は、原作:大塚英志、作画:田島昭宇による漫画作品。及び、それを原作とした小説テレビドラマ新劇作品。 




[ヘルプ]
  1. ^ 『キャラクター小説の作り方』(角川文庫)221ページ。
  2. ^ 茨城県告示第241号」『茨城県報』第1753号、2006年3月6日、1-2頁。
  3. ^ 香川県「平成19年6月25指定
  4. ^ 岩手県告示第720号」『岩手県報』第10700号、2007年10月16日。
  5. ^ 福島県告示第424号」『福島県報』第1983号、2008年5月30日、348-349頁。
  6. ^ 大分県告示第542号」『大分県報』第1987号、2008年8月1日、3頁。
  7. ^ 長崎県「長崎県告示第752号
  8. ^ この童謡は三木・モトユキ・エリクソンの『多重人格探偵サイコ ルーシー・モノストーンの真実』(角川書店)に収録されている
  9. ^ 『多重人格探偵サイコ No.1 〜情緒的な死と再生〜』(角川スニーカー文庫)186ページ
  10. ^ 『戦争と平和』(徳間書店。大塚英志富野由悠季上野俊哉ササキバラ・ゴウの共著)86ページの「麻原彰晃」についての大塚英志による注釈より引用「(前略)…でもオウムの幹部でいったら個人的に興味深いのは荒木広報副部長で、実は「サイコ」の雨宮一彦のモデルなのである。オウムが何であったのかについては森達也のドキュメンタリー『A』『A2』が最も信頼でき、これも荒木にスポットを当てている。どっかでやってると思うから自力で探して見るように。」
  11. ^ 『キャラクター小説の作り方』(角川文庫)43ページ
  12. ^ 『キャラクター・メーカー』(アスキー新書)142ページ
  13. ^ Comic新現実 vol.1』(角川書店)収録の326ページの大塚英志みなもと太郎の対談に付された大塚による注釈より(ちなみに大塚いわく「誰にも元ネタはわからなかった」そうである)


「多重人格探偵サイコ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

日本の漫画作品一覧 ぱすてると〜ん通信  アカイイト  多重人格探偵サイコ  ゴルゴ13  血まみれスケバン・チェーンソー
日本の小説 日の果て  地獄堂霊界通信  多重人格探偵サイコ  被虐の契り  岸辺のアルバム
漫画原作ドラマ JIN-仁-  アタックNo.1  多重人格探偵サイコ  都立水商!  おかわり飯蔵
漫画作品 た 猛き黄金の国 道三  タックル猛牛シリーズ  多重人格探偵サイコ  ダークグリーン  戦う!セバスチャン
WOWOWのテレビドラマ センチメントの季節  超人ウタダ  多重人格探偵サイコ  蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ  天然少女萬NEXT-横浜百夜篇
徳間デュアル文庫 舞-HiME  福音の少年 〜Good News Boy〜  多重人格探偵サイコ  イノセンス  攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
有害指定された漫画作品 かみingど〜る  AVない奴ら  多重人格探偵サイコ  黒鷺死体宅配便  やけっぱちのマリア

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

多重人格探偵サイコに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多重人格探偵サイコ」の関連用語

多重人格探偵サイコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブラグナテリ石

マルチリンクサスペンション

ハシビロガモ

スタンチョン

耽羅笹

コンフリー

またぎ筋

MU-2





多重人格探偵サイコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多重人格探偵サイコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS