大塚英志とは?

大塚英志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/04 06:34 UTC 版)

大塚 英志(おおつか えいじ、1958年8月28日 - )は、日本の男性批評家民俗学者小説家漫画原作者編集者国際日本文化研究センター研究部教授東京大学大学院情報学環特任教授、東京藝術大学大学院映像研究科兼任講師。妻は漫画家、作家の白倉由美




[ヘルプ]
  1. ^ 『江藤淳と少女フェミニズム的戦後』(ちくま学芸文庫)179ページ
  2. ^ 『江藤淳と少女フェミニズム的戦後』166ページ
  3. ^ 『「おたく」の精神史』(朝日文庫)70ページ/『Comic新現実 問題外増刊みたいな…』(角川書店)2ページ
  4. ^ 『「おたく」の精神史』(朝日文庫)216ページ/『木島日記』(角川文庫)330ページ
  5. ^ 週刊金曜日』(2006/01/27発売号)掲載の『宮崎勤被告、最高裁「死刑判決」から抜け落ちた視点 -他者におびえて「近代」を断念してはならない -』(大塚英志)より引用「最高裁の判決は開廷から閉廷まで四十五秒ほどであった。一つの事実として、その事を記しておく。」
  6. ^ 国際日本文化研究センター研究者一覧「大塚英志」
  7. ^ 東京大学大学院情報学環角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座Members
  8. ^ コスト削減のためにDTPを使い編集者が一人で編集する雑誌である
  9. ^ 博士論文書誌データベース
  10. ^ 大塚「<妹>の運命」現代詩手帖2007年3月号
  11. ^ 小谷野敦『私小説のすすめ』(平凡社新書、2009年)82p
  12. ^ 同書154p
  13. ^ 笙野『ドン・キホーテの「論争」』『徹底抗戦!文士の森』(2005年)
  14. ^ 群像』2002年5月号
  15. ^ 『群像』2002年6月号、現在もweb上で読むことが出来る。
  16. ^ 『徹底抗戦!文士の森』(2005年),pp.405-8
  17. ^ 『偽史としての民俗学』(角川書店)の「あとがき」より
  18. ^ 第4巻の大塚英志による「あとがき」によると、大塚は「原案」だけでなく毎回シナリオを書いていたそうである。
  19. ^ 『MADARA影』p.158の「MADARA」現代版関係図
  20. ^ 奥付の発行年が平成17年5月となっているのは誤植であり、平成19年5月が正しい


「大塚英志」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大塚英志」の関連用語

大塚英志のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボルボC70

FUJITSU M-1800モデルグループ

ニセコ

MA23D/C

圧力解析

地下鉄

ローター

焼き付け塗装





大塚英志のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大塚英志 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS