地球温暖化に関する論争とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地球温暖化に関する論争の意味・解説 

地球温暖化に関する論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/01 15:51 UTC 版)

地球温暖化に関しては、その原因影響対策の効果などについて懐疑論も見られる。また影響は広範囲に及び、対策もまた大規模になると予測されているため、その具体的な緩和策に関する議論も多い。




  1. ^ Position Statement(AAPG)
  2. ^ Petroleum Geologists Award to Novelist Crichton Is Inappropriate (AGU)
  3. ^ 参考:en:Scientific opinion on climate change
  4. ^ Statement by Atmospheric Scientists on Greenhouse Warming SEPP POLICY DECLARATIONS
  5. ^ List_of_scientists_opposing_global_warming_consensus』,英語版ウィキペディア
  6. ^ On global forces of nature driving the Earth's climate. Are humans involved? L. F. Khilyuk and G. V. Chilingar, Environmental Geology, 50, 6, 899 (2006)
  7. ^ Response to W. Aeschbach-Hertig rebuttal of “On global forces of nature driving the Earth's climate. Are humans involved?” by L. F. Khilyuk and G. V. Chilingar G. V. Chilingar et al., Environmental Geology, 52, 5, 1007 (2007)
  8. ^ たとえば IPCC第4次評価報告書の原典、Figure TS.10 (Figure3.23)
  9. ^ [1]
  10. ^ 欧州 原子力を再生可能エネルギーと位置づけ PFセクターニュース, 2007年3月13日, ポートフォリオ。
  11. ^ [2]
  12. ^ 『原子力と環境の経済学〜スウェーデンのジレンマ』ウィリアム.D.ノードハウス・著、藤目和哉・訳、電力新報社、1998年(原著は1997年)、ISBN 4-88555-241-9
  13. ^ [3]
  14. ^ Nuclear Energy: Not a Climate Change Solution? Alex Steffen, World Changing, June 12, 2006.
  15. ^ Nuclear power's costs and perils Alan Robock, physicstoday, January, 2007
  16. ^ IEA Energy Statistics for Balances (IEA)、化石燃料依存割合は各々の2005年値より、( 石炭 + 原油 + 石油製品(ガソリン等) + 天然ガス ) ÷ 合計 で算出。なおノルウェーは電力を輸出しているため化石燃料+再生可能エネルギーで 100% を超えている。
  17. ^ 日本では地震が多いことから対応が分かれているが、フランスでは地震があまり起きないこともあり推進されている。しかし 2007年の新潟県中越沖地震の際にはフランス国内でも関心が高まり、原発の耐震基準が緩く設定されていることなどが問題視されているとの報道もある→フランスの原子炉、大半が地震耐久性なし=反核団体Reuters、2007年07月17日)。詳細は Sortir du NucleaireSéisme atomique au Japon. Le nucléaire civil ébranlé dans le monde.
  18. ^ http://www.rinya.maff.go.jp/seisaku/sesakusyoukai/ondanka/top.html
  19. ^ http://www.eccj.or.jp/qanda/co2/qa.html
  20. ^ 武田邦彦 『環境問題はなぜウソがまかり通るのか2』洋泉社 2007年、ISBN 978-4862481825
  21. ^ 環境問題はなぜウソがまかり通るのか、武田邦彦、洋泉社、2007年、ISBN 978-4-86248-122-1
  22. ^ 『北欧のエネルギーデモクラシー』、飯田哲也、新評論、2000年、ISBN 4-7948-0477-6
  23. ^ 1995年現在、スウェーデンの化石燃料依存割合は 50% 前後である。(『北欧のエネルギーデモクラシー』p.95)
  24. ^ 世界の二酸化炭素排出量に占める主要国の排出割合と各国の一人当たりの排出量の比較(2005年)、JCCCA
  25. ^ 「ココが知りたい温暖化」の2050年の世界の温室効果ガス排出量削減目標に関するQ&A
  26. ^ エネルギー白書2004年版 [4]資源エネルギー庁
  27. ^ 日独気候政策シンポジウム2005の資料(PDF)Germany's Ecotax Reform 1999 - 2003: Implementation, Impact, Future Development(英語)などを参照。
  28. ^ Fossil Fuel Efficiency.png (Global Warming Art)、このグラフの典拠値は、GDP は 2005年、CO2排出量は 2002年値を使っているが、これ以降にも着実に削減を進めてきたドイツの効率はさらに高まっているものと考えられる。
  29. ^ 社会的共通資本「第3章 都市を考える」、宇沢弘文、岩波書店、2000年、ISBN 4-00-430696-5
  30. ^ 自動車にいくらかかっているか 第4章「公共交通の社会的価値」、上岡直見、コモンズ、2002年、ISBN 4-906640-52-4
  31. ^ 第3次 OECDレポート:日本の環境政策 第5章「気候変動」、OECD編・環境省監訳、中央法規、平成23年、ISBN 978-4-8058-3427-5
  32. ^ (PDF) 経団連のこれまでの主張に対するコメント(中央環境審議会地球環境部会 天野明弘、2004年 4月 2日)
  33. ^ 環境的に持続可能な交通(EST)を目指して ESTに関する取り組み
  34. ^ 「地球温暖化の経済学」ウィリアム.D.ノードハウス 東洋経済新報社 2002年 ISBN 978-4492313008


「地球温暖化に関する論争」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球温暖化に関する論争」の関連用語

地球温暖化に関する論争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アラゴ

右勝手

ミドリ カイピリーニャ

VADS

阿寒国立公園

奥山雨山自然公園

併せ馬

スクエア包みの応用





地球温暖化に関する論争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球温暖化に関する論争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS