マニュアル絞りとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 写真用語 > マニュアル絞りの意味・解説 

マニュアル絞り

読み方まにゅあるしぼり

レンズ絞りというものは、もともとは絞り羽根撮影者が完全に手動セットするものだった。ところが、 一眼レフ発明で、シャッターボタン連動する半自動絞り、そしてミラー作動連動する 完全自動絞り完成し、いまでは完全自動絞りが当たり前になっている。ところが、 レンジファインダーカメラ のようなカメラレンズは相変わらず撮影者が手動絞りセットするようになっていて、これを自動絞り区別するために、マニュアル絞りとか「手動絞り」と呼んでいる。レンジファインダーカメラではレンズ通して写る像とファインダー見える像が別々のため、自動絞りは必要ないからである。マニュアル絞りのレンズのほうが構造シンプルで、また大きさ小さくできる利点がある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マニュアル絞りに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

マニュアル絞りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロメ

山比古湧水

中折帽

1目ゴム編み

ハチノス

フロントロックナイフ

Jaguar XKR

挽く





マニュアル絞りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2016 モーターマガジン社 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS