フォーカスオンフォームとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フォーカスオンフォームの意味・解説 

フォーカス・オン・フォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/07/13 09:34 UTC 版)

フォーカス・オン・フォーム(Focus-on-Form,FonF) Michael Long(1991)の提唱した概念で、コミュニケーションや意味理解を中心とした活動の中で、学習者の言語形式への躓きなどを切っ掛けにして、時折形式の指導にシフトするというもの。 形式には文法、音声、語彙などが含まれ、どのタイミングで形式の指導に移るか(意図的か付随的か、teacher-initiatedかstudent-initiatedかなど)や、どの程度明示的に指導するかなどは、研究者によって定義が分かれる。




「フォーカス・オン・フォーム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フォーカスオンフォームに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フォーカスオンフォーム」の関連用語

フォーカスオンフォームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

5000系

ボールチェーン

立波透図鐔

渋澤敬三

1100形

化学消防艇すみだ

蒸板かまぼこ

日野リエッセII





フォーカスオンフォームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォーカス・オン・フォーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS