カワラヨモギとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > ヨモギ > カワラヨモギの意味・解説 

河原艾

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

キク科多年草薬用植物


カワラヨモギ

カワラヨモギ
科名 キク科
別名: -
生薬名: インチンコウ茵陳蒿
漢字表記 河原蓬
原産 日本 中国 台湾
用途 川原海岸砂地自生する多年草。夏の開花時期に全刈り取り乾燥させて消炎皮膚の痒みに用いました。草木染め原料としても利用されています。春先根出葉は白い絹毛に包まれ柔らかい感じだが、花の時期になると、この葉枯れて、毛のない緑色替わり別の植物ではと勘違いされる。
学名: Artemisia capillaris Thunb.
   

加波良与毛歧

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

シロヨモギ別称
キク科多年草

学名 Artemisia stelleriana


加波良与毛岐

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

キク科多年草薬用植物

学名 Artemisia capillaris


可原艾

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

クソニンジン別称
キク科一年草薬用植物

学名 Artemisia annua


河原艾

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

キク科多年草薬用植物

学名 Artemisia capillaris


河原艾

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

古名


河原艾

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

シロヨモギ別称
キク科多年草

学名 Artemisia stelleriana


茵蔯

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

キク科多年草薬用植物

学名 Artemisia capillaris


茵蔯蒿

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

キク科多年草薬用植物

学名 Artemisia capillaris


河原蓬

読み方:カワラヨモギ(kawarayomogi)

作者 吉井勇

初出 大正9年

ジャンル 歌集


カワラヨモギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/15 19:16 UTC 版)

カワラヨモギ(河原蓬、学名:Artemisia capillaris)はキク科ヨモギ属多年草の下部が木質化し、低木状になるため「亜低木」とされる場合もある。




「カワラヨモギ」の続きの解説一覧





カワラヨモギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カワラヨモギ」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||



6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

カワラヨモギのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤブガラシ

パンジー

ライラック

タチビャクブ

スギ

アカマツ

ヤマネコノメソウ

アブラチャン





カワラヨモギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカワラヨモギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS