ウイッカとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウイッカの意味・解説 

ウイッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/14 06:53 UTC 版)

ウイッカ: Wicca)は、ネオペイガニズム[註 1]の一派であり、欧州古代の多神教的信仰、特に女神崇拝を復活させたとする新宗教である[3]。ネオペイガニズムの一種である魔女術[1]ウイッチクラフト)のなかでも多数派を占めるとされ[4]、少人数で集団儀式を行うことを特徴とする[1]。主に英語圏でみられるが、日本にも存在する。ウイッカを信仰・実践する人をウイッカン: Wiccan) という。


  1. ^ 新異教主義。20世紀に興ったペイガニズム(異教)の復興運動。ペイガニズムはキリスト教伝来以前からあったとされるヨーロッパの土着宗教を指す用語で、広義にはキリスト教、ユダヤ教イスラーム以外の多神教のすべてを指すこともある[1]。当事者は自称としては「ネオ」を付けない傾向がある[2]
  2. ^ 「魔女の王」を自称したアレックス・サンダーズ英語版の創始したウイッチクラフト流派で、ガードナー派の事実上の分派[5]
  3. ^ 日本では「マレー」の名で著作が翻訳されている(西村稔訳 『魔女の神』 人文書院、1995年)。鏡リュウジは「ミューレイ」と表記している[8]
  4. ^ マーガレット・マリーは、「角ある者」の形象を示すアラビア語「ドゥル・カルナイン」(双角のアレクサンドロス大王を指す)とガリアの神ケルヌンノスに着目した[15]
  5. ^ 魔女と和訳されるが、男女両性に適用される。
  6. ^ 多くの場合、夫婦が他のメンバーから見えない別の部屋で行うか、もしくは杯に短剣を突き立てる象徴的所作によってこれを表わす[17]
  7. ^ 別表記:サムハイン、サーウェン、サーウィン。
  8. ^ 別表記:ベルテイン、ベルテーン、ベルテン、ベルティナ。
  9. ^ 別表記:インボルク。
  10. ^ 時にはリーサ、リーザ Litha と呼ばれるが、近年の造語である。
  11. ^ hive off: 巣をわけること。
  12. ^ ye は「汝ら」の意。


「ウイッカ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウイッカ」の関連用語

ウイッカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シャリンバイ

親王

キャンドルスタイル

ワインの製造工程

芦津水辺の森

600形

すぐばかさ歯車

302号車





ウイッカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウイッカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS