かんねんしょうせつとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > かんねんしょうせつの意味・解説 

かん ねんしょうせつ くわん-せう- [5] 【観念小説】

特定の理念観念を述べることを目的とした小説。特に、日清戦争後、明治資本主義社会の歪ひずみに目を向け、人間性圧殺する社会あり方糾弾した一群小説をいう。泉鏡花の「夜行巡査」、川上眉山の「書記官」など。





かんねんしょうせつと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かんねんしょうせつ」の関連用語

1
12% |||||

かんねんしょうせつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コトジツノマタ

820SH

榛名山

セロー250

IRT355内燃動車

一宮町の線香づくり

イセⅢ型

酒米





かんねんしょうせつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS