おっちんとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 大阪弁 > おっちんの意味・解説 

おちん、おっちん

大阪弁 訳語 解説
おちん、おっちん おすわり 幼児語正座。座ること。すましてきちんと手を膝の上に置いて座る意味の「ちゃんとすわる」「ちんとすわる」に丁寧な「お」が付いて名詞化した。「ちんする」とも言う。「おっちん」は、もともと京都丹波若狭近江湖西で使われていた語。おっちんしとき。播磨で「ちんとん」、越前で「おちょきん」、越中で「おちんちん」。


おっちん

お座り(幼)
小さい子どもに座る動作指示するなど
例「おっちんしなあ」=「お座りしなさい」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おっちん」の関連用語

おっちんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

敬老の日

融雪剤散布システム

排水性舗装機能回復車

四郎ヶ浜ビーチ

炭酸飲料の製造工程

Grand Scenic

P.180

Ulysses S. Grant





おっちんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2017 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
和歌山弁Explorer和歌山弁Explorer
Copyright (C) 2017 和歌山弁Explorer All rights reserved.

©2017 Weblio RSS