雪崩 雪崩に遭った場合の対処法

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 雪崩 > 雪崩の解説 > 雪崩に遭った場合の対処法 

雪崩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 09:53 UTC 版)

雪崩に遭った場合の対処法

雪崩に対して横方向に逃げることの他、俗説として、装備を捨てて雪崩の表面付近に浮かび上がれるように泳げとも言われるが、これは雪崩の規模により、比較的小規模の流れ型雪崩の場合は有効であるが、ある程度以上の規模の場合はそのような行為を行う余裕は全くないと考えられる。

雪崩が止まりそうになったら、空気を溜めておくための空間を口の周りに作るよう努め、また雪面の上に手・足・あるいは装備品などを突き出すように努める。しかし、これらはいずれも意識を失えば出来ない事である。もし雪が止まっても動く事ができるならば、空気を溜める空間を広げるべきだが、酸素の消費を抑えるため無駄な運動はしない事。雪崩は動いている間は体を動かすことが可能だが、止まってしまえば硬くなり動くことは出来ない、雪崩のスピードが落ちたら出来る限り明るい方向へ向かって動く事が重要である。

基本的に大規模な雪崩に巻き込まれた場合に助かる手段は皆無と考えられ、雪崩危険地帯で行動する場合は、予測される雪崩の規模を見極めることが非常に重要である。

「自分で自分を掘り出すことはできない。もし自分で掘って出て来られるなら、雪崩で死ぬ人は多くないだろう。雪崩の雪塊はその場であなたを埋葬してしまう。あたかもコンクリート漬けして固めるかのようにして。そして多くの場合、あなたは指一本さえ動かすことはできない。時として、小さな雪崩で雪塊も柔らかく、手が雪面近くにあった場合には、自分で掘って出て来られた人もいるが、大部分の場合は雪から出る方法は二つしかない。掘り出されるか、雪融けで出てくるかだ。」[15]


生存者による救出活動

被災者が雪に埋まった場合、生存できる時間は短いので、被災してすぐに被災者の捜索を始めねばならない。生存者が簡単な捜索すら出来なかった事により、これまでに多くの犠牲者がでている。

雪崩が人を呑み込むのを目撃するのは、多くの場合、被災者とともに行動していたパーティーのメンバーに限られるだろう。雪崩に巻き込まれなかった者は、まず雪崩に呑まれた者が最後に目撃された位置を書き出してみると良い。実際に、これから雪崩地帯に入ろうと計画するならば、その準備として、この手順を皆で話し合っておくのが良い。雪崩の動きが止まり、二次的な雪崩も終わったら、生存者らは、雪崩に巻き込まれた者を最後に見た場所へ何か物を置いて目印とすると良い。その後、生存者の人数を数えて、誰が雪崩に呑まれたのかをはっきりさせる。雪崩の起こった場所に入っても安全なようであれば、捜索者は被災者を最後に見た場所の目印から、雪崩の流路にそって斜面の下の方を目で見て探す。部分的に埋まっているか、浅く埋まっている被災者であれば、このように雪崩の流路を目で見て探したり、埋まっている衣服や装備品らしき物を引っ張ってみるだけで素早く見つけられる事が多い。しかし、多くの場合2度目の雪崩の発生があり、捜索中の人達が巻き込まれる2重遭難が起きている、注意が必要である。時間が経てば経つほど生存率は急激に低下していくため、最初の重要な15分間は全員で捜索に専念し、誰かを救援を呼びに行かせたりしない事。無線機や携帯電話が通じるならば、非常を伝える事。特に救助できる者が近くにいるのならばそうすると良い。無線機を受信モードにしてチェックしてみる事。埋まっていそうな場所を選んで探し、ビープ音(あるいは声)が聞こえないかを探しつつ、他の手がかり(何らかの動き、装備品、人体など)も探しながら、雪崩の流路となった他の場所へと捜索範囲を広げていく。埋まっていそうな場所にプローブを手当たり次第に突き刺して見る事。何かの信号を受信したり、装備品が見つかった場所には、全て目印を付けよ。目印を付けた手掛かりの周辺もプローブで探し続ける事。30 - 60分後、捜索隊を呼ぶために誰か人を遣るかどうかを決める。なぜならこの時点でなお見つからずに残っている被災者はおそらく生存していないからだ。

線状にプローブを突き刺していき、既に調べた場所には印を付ける事。調べられる場所がなくなるか、あるいは調べる妥当性がなくなるまで調べ続ける事。捜索犬が到着した場合に備えて、雪崩の範囲には尿、食べ物、唾、血などによって臭いを付けないようにする事。

被災者は次のような場所に埋まっている場合が多い:

  • 最後に目撃された場所の下
  • 雪崩の流路沿い
  • 木や岩、その他の障害物の周辺
  • 雪崩の堆積物の下端付近
  • 雪崩の経路の縁に沿った場所
  • 雪の集まる低い場所(小さな谷、クレバス、小川、道沿いの溝など)

これらよりは可能性が低くなるが、初動の捜索で見つからなければ他の場所を探す事。

埋まった被災者が見つかり、その頭部を掘りだしたら、地元の法律や習慣に従いつつ、応急処置(気道確保、呼吸・心拍の確認、人工呼吸、脊椎の損傷、骨折、ショック、低体温症、内臓損傷など)を行う事。




  1. ^ 中川達也, 荒木孝宏, 三輪賢志, 石井靖雄, 小川紀一朗, 千葉達朗, 佐野寿聰. “富士山周辺で発生するスラッシュ雪崩の発生条件の検討”. 砂防学会. doi:10.11475/sabo.62.2_56. 2018年3月10日閲覧。
  2. ^ 警報・注意報の種類”. 気象庁. 2012年12月5日閲覧。
  3. ^ 若濱五郎 (1995)、46頁
  4. ^ a b 若濱五郎 (1995)、47頁
  5. ^ 池田 慎二 「ガラガラ沢雪崩事故調査報告」日本雪氷学会誌『雪氷』64巻 (2002) 1号 p. 33-37
  6. ^ 『OBSERVATION GUIDELINES. AND RECORDING STANDARDS. FOR WEATHER, SNOWPACK. AND AVALANCHES』(カナダ雪崩協会)
  7. ^ a b Avalanche Radar Zermatt”. 2017年10月23日閲覧。
  8. ^ Markus Falk; Hermann Brugger; Liselotte Adler-Kastner (1994). “Avalanche survival chances”. Nature 368: 21. doi:10.1038/368021a0. 
  9. ^ 阿部幹雄 (2003)、37頁 - ある機種の場合、条件の良い場合で、発信源から20-30メートルまで接近しないと音が鳴らない。
  10. ^ 阿部幹雄 (2003)、37-39頁
  11. ^ http://outside.away.com/outside/magazine/200002/200002ava_whitedeath7.html[リンク切れ]
  12. ^ "I Was an Avalanche Test Dummy"[リンク切れ], Lindsay Yaw, Outside, accessed 9/26/08
  13. ^ (2009) Atkins, D. History 101: Avalanche cords. The Avalanche Review vol. 27, no. 3, February 2009.
  14. ^ Canadian avalanche centre: Obsolete gear (archived version of 2014-07-23)
  15. ^ Tremper, Bruce. "Staying Alive in Avalanche Terrain". The Mountaineers Books. 2011 978-1-59485-084-4
  16. ^ 『河川便覧』(平成16年度版)による
  17. ^ 『勝山市史 第一巻 風土と歴史』 勝山市、1969年、p53、p749。
  18. ^ アフガニスタンで雪崩、少なくとも45人死亡”. ロイター通信 (2012年3月12日). 2018年3月22日閲覧。
  19. ^ 生々しい雪崩の爪あと、死者280人超のアフガン被災地”. AFP (2015年3月5日). 2018年3月22日閲覧。
  20. ^ 大雪に見舞われたアフガン、雪崩などによる死者191人に”. AFP (2017年2月11日). 2018年3月22日閲覧。
  21. ^ a b c d 若濱五郎 (1995)、45頁
  22. ^ 新田隆三(1986):雪崩の世界,古今書院.
  23. ^ 若濱五郎 (1995)、45-46頁
  24. ^ 小笠原和夫、「北アルプス黒部峡谷の雪崩」 『雪氷』 1965年 27巻 6号 p 143-153, doi:10.5331/seppyo.27.143, 日本雪氷学会





雪崩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「雪崩」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雪崩」の関連用語

雪崩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雪崩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雪崩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS