ポーランド 交通

ポーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/25 09:18 UTC 版)

交通

道路

鉄道

航空

国民

ポーランドの人口ピラミッド
民族構成(ポーランド)
ポーランド人
  
94%
シレジア人
  
6%
ポルカを踊る女性
伝統衣装を纏った人々
マズル英語版(Mazur)を踊る男女

民族

2022年時点で人口約3,801万人、97%がポーランド人(カシュープ人やグラル人を含む)[67]。少数民族は、1番人口の多いシレジア人、おもに東部に在住するルーシ人ウクライナ人ベラルーシ人ルシン人)、リトアニア人リプカ・タタール人などがいる。

中世、ヤギェウォ朝ポーランド・リトアニア共和国などの東欧諸国の連合国時代には多民族国家であった。

ユダヤ人の本格的なポーランド移住は第1回十字軍の行われた11世紀初頭に始まった。都市化促進政策の一環として、ユダヤ人もドイツ人と一緒に招聘された。

ヨーロッパ各国や中東で非キリスト教徒であるために激しく迫害され、13世紀に布告された「カリシュの法令」と、東方植民によるドイツ都市法マクデブルク法によりユダヤ人の権利と安全が保障されていたため移住した。

ホロコーストまでは、ポーランドには世界の70%のユダヤ人がポーランドに住みポーランド文化に影響を与えたが、20世紀に入ってもユダヤ教の古来の教えを実践しながら生活していた伝統的なユダヤ人たちの多くはホロコーストにより虐殺された。

多くはホロコーストや共産主義反ユダヤ主義を避けてアメリカ大陸イスラエルなどに移住した。2010年の国内ユダヤ人在住者数は3,200人となる[68]。ポーランド人の多くは先祖にサルマタイ人がいる[69]

国民のほぼすべてが母語ポーランド語としている(ポーランド化)、併合した国の国民や多くの移民や政治難民を受け入れた過去のポーランド王国の政策を反映して、彼らの先祖は西スラブ人系原ポーランド人(レフ人)、シレジア人リトアニア人ロシア人ルーシ人ウクライナ人ベラルーシ人ルシン人)、ルーシ族ヴァリャーグ)、ユダヤ人サルマタイ人タタール人ラトビア人バルト人スウェーデン人チェコ人スロバキア人ドイツ人ハンガリー人ロマ人アルメニア人モンゴル系民族トルコ系民族など。家系的にもそれら多民族が通婚し、国の歴史・地理・文化的にも多民族の伝統が融合していたり、互いに同化し他国にはない独特の「ポーランド文化」とその国民心理を形成している。

約40万種類あるといわれるポーランド人のは、その語源に先祖となったこれら各民族の出自の名残りが見られる。

そのため単一民族、実際は東・中欧では民族のるつぼでポーランド人の多くはスラヴ系であると同時に、多民族と混血している。

言語

「クロシニツァ町/クロシュニッツ町へようこそ!」の看板
ポーランド語とドイツ語の併記、オポーレ市近郊

ポーランド語は印欧語のスラヴ語派西スラヴ語群に属する言語で、チェコ語スロヴァキア語上ソルブ語下ソルブ語などと共通のグループに属し、そのうち、カシューブ語などとともにレヒト諸語(レフ諸語)を構成する。

表記はロシア語などで用いられるギリシャ語から作られたキリル文字ではなく、12世紀に導入したラテン文字のアルファベットである。

少数民族の語源には、イディッシュ語ヘブライ語シレジア語カライム語ルシン語ロマ語タタール語がある。

かつてのポーランドで広く話されていたルーシ人ルーシ族ヴァリャーグ)のルーシ語第二次世界大戦ホロコーストヴィスワ作戦を経て国内ではほぼ消滅したとみられている。

外国語は、英語は小学校1年からの履修科目となっていて、第二外国語としてドイツ語やフランス語、ロシア語などがある。

歴史的にドイツ語圏との貿易その他の経済関係があるため、標準ドイツ語の履修者は安定して多い。

旧ドイツ領土など南部オポーレ地方ではドイツ語が地方公用語として認められ、交通標識などはポーランド語と両語表記されているが、住民のドイツ語はドイツ本土の標準ドイツ語とはかなり異なる方言で、普段の社会生活でポーランド語を使う。

冷戦時代、ロシアの支配下でのソ連化の義務教育により、1960年代中期以前に生まれた世代のポーランド人はロシア語を解する人が多い。

1989年に東欧革命共産主義が破壊し、その後1990年代にロシア語の習得者数は激減した。

ロシア語(東スラヴ語群)はポーランド語(西スラヴ語群)と同じくスラヴ語に属し、ポーランド語話者がロシア語を修得するのは比較的容易とされる。

リプカ・タタール人は、ポーランド化しタタール語を話さなくなっている。タタール人の家系でノーベル文学賞を受賞した小説家・叙事詩人のヘンリク・シェンキェヴィチはポーランド語の小説を書いた。

人工言語のエスペラント語ワルシャワで発祥したが、今のポーランド人は人工言語ではなく英語をまず勉強する。

婚姻

一般的には結婚申請の後、宣誓式を行ない、挙式日の決定後に挙式となる。

国際結婚の場合は民事婚と宗教婚の2種類があり、民事婚は戸籍局で行うが、宗教婚は教会での挙式後に戸籍局で登録を行なっている。ポーランドでは、同性カップルは結婚できない。

ポーランド人の苗字

ポーランド人の苗字は非常に多く、総数40万以上に上る[70]。ポーランドの人口は3,800万人程度であることから、同じ苗字を持つ人の数は平均すると100人を下回ることになる。NowakやKowalski(女性はKowalska)といった苗字を持つ人がもっとも多いとされるが、それでも絶対数は非常に少なく、これらの苗字を持つ人に出会うことは稀である。

同じ姓でも男性形と女性形で活用語尾が異なることがある。婚姻の際、男性は自己の姓を用い続けることが多いが、法律では男性女性どちらでも姓を変えることができる。婚姻後の姓はどちらかの姓に統一してもよいし(夫婦同姓)、変えなくてもよい(夫婦別姓)し、婚姻前の自分の姓の後に結婚相手の姓を繋げてもよい(別姓、複合姓)[71]。ただし複合姓にする場合、3つ以上の姓をつなげてはいけない[72](1964年)。

ポーランド語の姓には-ski(/〜スキ、女性は-ska/〜スカ)という語尾が多い。この-skiというのは名詞形容詞のように「〜の」という意味で使う場合に付く接尾辞である。英語の-ish(Polandに対するPolish)やドイツ語の-isch(Japanに対するJapanisch)などと同様、インド・ヨーロッパ語族の言語がもともと共有する用法である。

たとえばWiśnia(意味は「」)からWiśniowoあるいはWiśniow(意味は「桜村」)という村名が派生し、そこからWiśniewski(意味は「桜村の〜」)という意味の姓が生まれる。Jan Wiśniewskiならば、意味は「桜村のジョンさん(Janは英語のJohn)」となる。-skiの使い方はドイツ語のvon-やフランス語のde-などの使い方と同じであるため、中世には外国人向けの人名紹介では、たとえばWiśniewskiの場合von Wiśniowoやde Wiśniowoなどのような表記も見られた(アルベルト・ブルゼフスキの記事を参照)。

また、アメリカ合衆国など英語圏の国家に移住すると、しばしば苗字をそのまま英語に翻訳したものを登録して使うようになる(NowakをNewman、KrawczykをTaylorに改名など)。その結果、現地の社会に同化していく。

ポーランド国内の苗字人口上位25(2018年)は以下の通り(男女別)[73]

順位 女性 人数
1 Nowak 90488
2 Kowalska 63003
3 Wiśniewska 49968
4 Wójcik 45041
5 Kowalczyk 44756
6 Kamińska 43032
7 Lewandowska 42678
8 Zielińska 41143
9 Szymańska 40438
10 Woźniak 40269
11 Dąbrowska 39357
12 Kozłowska 34082
13 Jankowska 31234
14 Wojciechowska 30420
15 Kwiatkowska 30382
16 Mazur 30179
17 Krawczyk 28818
18 Kaczmarek 28205
19 Piotrowska 27894
20 Grabowska 26305
21 Pawłowska 25009
22 Michalska 24891
23 Zając 24731
24 Król 24540
25 Jabłońska 22997
順位 男性 人数
1 Nowak 92867
2 Kowalski 63635
3 Wiśniewski 50346
4 Wójcik 46052
5 Kowalczyk 45503
6 Kamiński 43473
7 Lewandowski 42170
8 Zieliński 41504
9 Woźniak 41101
10 Szymański 40648
11 Dąbrowski 39352
12 Kozłowski 34520
13 Jankowski 31405
14 Mazur 31271
15 Wojciechowski 30188
16 Kwiatkowski 30120
17 Krawczyk 29109
18 Kaczmarek 28620
19 Piotrowski 28035
20 Grabowski 26695
21 Zając 25955
22 Król 25395
23 Pawłowski 25315
24 Michalski 24790
25 Wróbel 23527

宗教

聖マリア教会主祭壇(クラクフ)、1489年完成
リーヘン大聖堂(2004年完成)、世界最大級の教会建築となっている

2020年の推計によるとカトリック85%、正教会1.3%、プロテスタント0.4%、その他の宗教0.3%、不明12.9%となっている[74]

教育

クラクフ大学コレギウム・マイウス(ラテン語:「大カレッジ」)、現在も使用されている15世紀の建築物である

1999年9月1日より、従来のソ連方式の8・4制を改め、6・3・3制に移行した。

教育水準

ポーランドの特徴のひとつはその教育水準にある。先進国ほどの所得水準でないにもかかわらず、2012年の経済協力開発機構OECD生徒の学習到達度調査(PISA)の成績は総じて高い。また国際数学コンペティションで総合優勝[75]を果たしたこともあった。

大学進学率

2017年には、就職難のために若者の68%が四年制大学へ進学していた(当時の日本は49%)[76]。この数字はOECD加盟国では8位(日本は23位)である。近年では、若者の95%が高校を卒業した後にも、短大を含めた大学型高等教育を受けることを望む希望者が多いという調査結果もあり、教育熱が日本や韓国の受験戦争時代以前から伝統的に非常に高い[77]。ポーランドの階級社会では、高卒は原則ホワイトカラー職に就けない。これは、大学の入試倍率が極めて高いからである。しかし、2020年代のポーランドは大学を卒業したところで多くは就職先がなく、西欧先進国などへ労働移民者とし移住しているのが現状である[65]。国立大学の授業料は無料でも、少子化は進行中である。

IT教育に熱心な国のひとつで、2014年に開催された第1回コーディング世界大会ではポーランドのチームが優勝した[78][79]

ポーランドの街と子ども

保健

平均寿命は77.1歳[80]。かつてはユニバーサルヘルスケアが実現されていたが、法改正により保険料不払い者が資格を喪失するようになり、2013年には加入率91.6%に転落した[80]

医療

社会

隣国に対する感情

世論調査会社Homo Hominiが2010年12月に行った調査によると、ポーランドと陸続きで国境を接する7か国(ドイツチェコスロバキアウクライナベラルーシリトアニアロシア)すべての人々のうち、ポーランド人がもっとも親近感を持つのは、順に以下のようであることが分かった(複数回答)[81]

  1. チェコ人(39%)
  2. スロバキア人(32%)
  3. ドイツ人(23%)
  4. リトアニア人(21%)
  5. ロシア人(15%)
  6. ウクライナ人(14%)
  7. ベラルーシ人(10%)

注釈

  1. ^ ポーランド語: Polska
  2. ^ ポーランド語: pole
  3. ^ ポーランド語: Lechici
  4. ^ ポーランド語: Polanie
  5. ^ ポーランド語: Lech
  6. ^ : res publica
  7. ^ Lugii
  8. ^ ロシア語ラテン文字翻字:Lug
  9. ^ ロシア語ラテン文字翻字:Pole

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月14日閲覧。
  3. ^ a b ポーランド基礎データ”. 外務省. 2020年7月26日閲覧。
  4. ^ 7000年前にチーズ作り、土器に証拠発見 ネイチャー”. 2016年7月4日閲覧。
  5. ^ http://mainichi.jp/feature/news/20121213reu00m030007000c.html
  6. ^ 東欧史、山川出版社, 1977 p183
  7. ^ 伝統思想と民衆、河原宏 成文堂, 1987. 174 ページ
  8. ^ Oskar Halecki, W:F. Reddaway, J. H. Penson. "The Law of Magdeburg used in Poland". The Cambridge History of Poland. CUP (Cambridge University Press) Archive. pp. 133–136. ISBN 1001288025. Retrieved October 23, 2012.
  9. ^ Origins of Polish Jewry (This Week in Jewish History)” (5 12月 2013). 2016年7月4日閲覧。
  10. ^ a b The Polish Jews Heritage – Genealogy Research Photos Translation". polishjews.org. 2009. Retrieved September 30, 2015.
  11. ^ Davies, Norman (2005a). God's Playground:A History of Poland, Volume I (2nd ed.). Oxford:Oxford University Press. ISBN 978-0-231-12817-9. pp. xxviii-xxix
  12. ^ JOG(142) 大和心とポーランド魂”. 2016年7月4日閲覧。
  13. ^ Wydarzenia Bielsko-Biała”. 2016年7月4日閲覧。
  14. ^ ポーランド孤児 人道の港 敦賀ムゼウム
  15. ^ a b Poland - history - geography”. 2016年7月4日閲覧。
  16. ^ a b Davies, Norman (2005). God's Playground, a History of Poland:1795 to the Present. Columbia University Press. p. 435
  17. ^ Magdalena Błędowska, Maciej Gdula, 4 czerwca 1989. Jak naród nie obalił komuny [4 June 1989. How the Nation Did Not Overthrow the Commies]. 04 June 2014. 4 czerwca 1989. Jak naród nie obalił komuny. krytykapolityczna.pl. Retrieved 28 December 2014.
  18. ^ a b Poland marks communist crackdown” (13 12月 2006). 2016年7月4日閲覧。
  19. ^ http://news.bbc.co.uk/hi/english/static/special_report/1999/09/99/iron_curtain/timelines/poland_81.stm
  20. ^ CIAs Historical Review (24 October 1997). "Cold War era analysis" (PDF file, direct download 12.2 MB). Soviet East European Military Relations in Historical Perspective Sources and Reassessments (The Historical Collections Division (HCD) of the Office of Information Management Services) 1 (1):18 of 44. Retrieved 26 May 2014.配給制と長蛇の列は日常化 Karolina Szamańska (2008). "Sklepy w czasach PRL" (PDF file, direct download). Portal Naukowy Wiedza i Edukacja. pp. 13, 22 23 / 25. Retrieved 15 October 2014.
  21. ^ Neier, Aryeh (2003). Taking Liberties:Four Decades in the Struggle for Rights. Public Affairs. pp. p. 251. ISBN 1-891620-82-7.
  22. ^ Hufbauer, Gary Clyde;Jeffrey J. Schott;Kimberly Ann Elliott (1990). Economic Sanctions Reconsidered:History and Current Policy. Institute for International Economics. pp. p. 193. ISBN 0-88132-136-2.
  23. ^ ane Hardy, Poland's New Capitalism, pp. 26–27
  24. ^ Jane Hardy, Poland's New Capitalism, pp. 26–27
  25. ^ “SPIEGEL Interview with Donald Tusk: Polish PM Calls for Unified European Crisis Strategy”. Der Spiegel. (2009年3月2日). ISSN 2195-1349. https://www.spiegel.de/international/europe/spiegel-interview-with-donald-tusk-polish-pm-calls-for-unified-european-crisis-strategy-a-610726.html 
  26. ^ Poland Imposes Strict Ban on Communist Symbols - Fox News” (27 11月 2009). 2016年7月4日閲覧。
  27. ^ 東欧国家、共産主義への取締を強化 - (大紀元)”. 2016年7月4日閲覧。
  28. ^ Crazy Krakow Tours of Nowa Huta District”. 2016年7月4日閲覧。
  29. ^ 我々はプーチンのガス支配から解放されなければならない”. ハフポスト. 2022年7月23日閲覧。
  30. ^ ポーランドにおける「法の支配」の危機と欧州連合”. 日本EU学会年報. 2022年4月17日閲覧。
  31. ^ ポーランドに制裁金命じる 「法の支配」侵害でEU司法裁判所”. 中日新聞Web. 2022年4月17日閲覧。
  32. ^ 「法の支配」めぐり対立激化 EU資金停止も視野―欧州委とポーランド”. 時事ドットコム. 2022年4月17日閲覧。
  33. ^ EU司法裁、法の支配違反に対しEU予算の執行停止を認める規則を適法と判断(EU、ハンガリー、ポーランド)”. ジェトロ. 2022年4月17日閲覧。
  34. ^ ポーランドにロシア製ミサイル着弾 2人死亡、NATO域内で初―G7首脳、緊急会合:時事ドットコム”. www.jiji.com. 2022年11月16日閲覧。
  35. ^ (仮訳)ポーランド共和国憲法(駐ポーランド日本大使館公式サイト PDF)
  36. ^ Polish Parliamentary Elections 2019” (ポーランド語). 2020年3月14日閲覧。
  37. ^ www.ideo.pl, ideo -. “Senatorowie / Senatorowie / Kluby i koło / Senat Rzeczypospolitej Polskiej”. www.senat.gov.pl. 18 5月 2017閲覧。
  38. ^ Poles most worried about their independence in at least 23 years:poll” (18 4月 2014). 2016年7月4日閲覧。
  39. ^ “米軍部隊、ポーランド配備 民主化後初、ロシアは反発”. 共同通信. (2017年1月13日). http://www.47news.jp/news/2017/01/post_20170113100713.html 
  40. ^ ポーランド国境に移民数千人殺到 EU「ベラルーシが意図的に派遣」”. 毎日新聞 (2021年11月10日). 2021年11月10日閲覧。
  41. ^ ウクライナ支援にポーランドが全力を尽くす理由 | ウクライナ侵攻、危機の本質”. 東洋経済オンライン. 2022年7月23日閲覧。
  42. ^ 930億円の武器売却契約 ポーランドとウクライナ”. 産経ニュース (2022年6月8日). 2022年7月23日閲覧。
  43. ^ ポーランド、ロシアとのガス供給契約を打ち切り”. Newsweek日本版. 2022年7月23日閲覧。
  44. ^ ポーランド、ロシア飛び地との国境沿いにフェンス設置へ”. AFP (2022年11月2日). 2022年11月2日閲覧。
  45. ^ ポーランド侵攻から80年、復活するドイツへの戦後賠償要求の動き”. AFP (2019年9月2日). 2019年9月23日閲覧。
  46. ^ “日本・ポーランド関係のエピソード”. 在ポーランド日本国大使館. (2012年). オリジナルの2014年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140320151446/http://www.pl.emb-japan.go.jp:80/kultura/j_rocznica_epizody.htm 2018年3月16日閲覧。 
  47. ^ 教皇ヨハネ・パウロ二世来日の記録 後楽園球場特設会場での教皇ミサの説教 カトリック中央協議会
  48. ^ Poland - Forbes”. 2016年7月4日閲覧。
  49. ^ http://www3.keizaireport.com/jump.php?RID=90232&key=959
  50. ^ http://www.polishmarket.com.pl/document/:19269?p=%2FMONITOR+GOSPODARCZY%2F
  51. ^ Espinoza, Javier (14 4月 2009). “Poland To IMF:Spare Some Change - Forbes”. 2016年7月4日閲覧。
  52. ^ What The Euro 2012 Means For The Polish And Ukrainian Economies”. 2016年7月4日閲覧。
  53. ^ http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8032788.stm
  54. ^ http://www.targikielce.pl/index.html?k=autostrada_en&s=index
  55. ^ http://www.polishmarket.com.pl/document/:20739?p=%2FMONITOR+GOSPODARCZY%2F
  56. ^ http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/poland-launches-campaign-to-lure-back-migrant-workers-814747.html
  57. ^ http://www.polishmarket.com.pl/document/:23133?p=%2Flate%2F
  58. ^ http://ecer.fr/resultat.html
  59. ^ ビジネスに理想的な国ランキング” (20 3月 2015). 2016年7月4日閲覧。
  60. ^ A composite index measuring average achievement in three basic dimensions of human development—a long and healthy life, knowledge and a decent standard of living. 1=the most developed.”. jp.knoema.com. jp.knoema.com. 2020年12月5日閲覧。
  61. ^ Polish Christmas Ornaments”. 2016年7月4日閲覧。
  62. ^ http://www.kuniguni.com/rye-production
  63. ^ 外務省「海外在留邦人数調査統計(平成26年要約版)
  64. ^ Radio Poland::News from Poland”. 2016年7月4日閲覧。
  65. ^ a b Foy, Henry (14 1月 2015). “Poland:One-way traffic”. 2016年7月4日閲覧。
  66. ^ Poland urges visa-free travel for Russian enclave”. 2016年7月4日閲覧。
  67. ^ ポーランド基礎データ”. 外務省. 2022年9月11日閲覧。
  68. ^ Berman Institute, World Jewish Population. North American Jewish Data Bank. (See Table 1:Jewish Population by Country, 1920s-1930s;PDF file, direct download 52.4 KB. https://docs.google.com/viewer?a=v&q=cache:Rv2hLhme008J:www.jewishdatabank.org/Reports/World_Jewish_Population_2010.pdf+world+jewish+population+2010&hl=en&gl=us&pid=bl&srcid=ADGEEShFmlEo2XYeBjYVUGgz_STm8ZXvaFqIMHdpfxUC8uWpDuLqb9l7GvJbF2piXHqxgDaGkOY3jfCA_RkpUlKLSByoSQC3cLV-5LcpxgXggqUIYwzK9hdfmwVv4Sz0BdeFMxJ_-2To&sig=AHIEtbT5tVUek4PSi_N_5f0Dwe-11sBzMg)
  69. ^ Davis, Norman. God’s Playground. ISBN 978-0-19-925340-1
  70. ^ 渡違克義 「ポーランド固有名詞学序説」
  71. ^ Dz. U. z 1964 r. Nr 9, poz. 59 Kodeks rodzinny i opiekuńczy(家族および保護者に関する法律)第25条2
  72. ^ Dz. U. z 1964 r. Nr 9, poz. 59 Kodeks rodzinny i opiekuńczy(家族および保護者に関する法律)第25条3
  73. ^ Najpopularniejsze nazwiska w Polsce - styczeń 2018 r.” (ポーランド語). www.rp.pl. 2020年6月7日閲覧。
  74. ^ Religions”. CIA. 2023年1月21日閲覧。
  75. ^ “[https://www.imc-math.org.uk/?year=2011&item=results International Mathematics Competition for University Students 2011]”. www.imc-math.org.uk. www.imc-math.org.uk. 2020年12月5日閲覧。
  76. ^ ポーランド政府は自国の四年制大学卒業率を開示しておらず、注意が必要。”. pdmagazine.jp. pdmagazine.jp. 2020年12月5日閲覧。
  77. ^ http://japanese.ruvr.ru/2012_09_14/roshia-sekai-de-mottomo-kyouiku-no-susunda-kuni
  78. ^ Hello World!Poland Wins First Computer Coding Championship - NBC News”. 2016年7月4日閲覧。
  79. ^ Poland Crowned First Ever Coding World Champions” (10 6月 2014). 2016年7月4日閲覧。
  80. ^ a b Health at a Glance 2015, OECD, (2015-11), Chapt.7.1, doi:10.1787/19991312, ISBN 9789264247680 
  81. ^ https://www.google.com/hostednews/epa/article/ALeqM5gsU9ndVK_s0uHUF3zYY9b6PzCBbQ?docId=10120510221602579
  82. ^ OECD Better Life Index”. 2016年7月4日閲覧。
  83. ^ http://www.civitas.org.uk/crime/crime_stats_oecdjan2012.pdf
  84. ^ Robbery, rate per 100,000 population - knoema.com”. 2016年7月4日閲覧。
  85. ^ OECD Better Life Index”. 2016年7月4日閲覧。
  86. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2008年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月29日閲覧。 J. van Dijk, J. van Kesteren, P. Smit, Criminal Victimisation in International Perspective, Key Findings from the 2004-2005 ICVS and EU ICS, WODC 2007
  87. ^ http://www.wbj.pl/article-52845-polands-overall-crime-rate-falls.html?typ=ise
  88. ^ https://www.osac.gov/pages/ContentReportDetails.aspx?cid=17806
  89. ^ J. van Dijk, R. Manchin, J. van Kesteren, S. Nevala, G. Hideg The Burden of Crime in the EU Research Report:A Comparative Analysis of the European Crime and Safety Survey (EU ICS) 2005
  90. ^ Criminal codes - Legislationline”. 2016年7月4日閲覧。
  91. ^ ポーランド憲法裁、ほぼ全ての人工中絶を違憲に”. BBC. 2021年9月15日閲覧。
  92. ^ メディア規制に抗議”. 日本共産党. 2021年9月15日閲覧。
  93. ^ ポーランド、言論の自由締め付け強化 政府の批判者は「反ポーランド的」、「外国のスパイ」と攻撃対象に”. 2021年9月15日閲覧。
  94. ^ ポーランド政府が国会の取材制限、野党や市民団体が反発”. 朝日新聞. 2021年9月15日閲覧。
  95. ^ コロナ禍で強まる東欧の言論弾圧”. 産経新聞. 2021年9月15日閲覧。
  96. ^ Global Publics Embrace Social Networking” (15 12月 2010). 2016年7月4日閲覧。
  97. ^ Zibart, Eve (1 1月 2001). “The Ethnic Food Lover's Companion”. Menasha Ridge Press. 2016年7月4日閲覧。
  98. ^ Paul Murray, "The Fourth Friend:Poetry in a Time of Affliction," Logos:A Journal of Catholic Thought and Culture, vol. 8, no. 3 (Summer 2005), pp. 19-39.
  99. ^ Harding, Luke (2 3月 2010). “Poland's ace reporter Ryszard Kapuściński accused of fiction-writing”. 2016年7月4日閲覧。
  100. ^ Sorting fact from fiction - Herald.ie”. 2016年7月4日閲覧。
  101. ^ (ドイツ語) F.A.Z. (corporate author) (2007年1月24日). “Ein Herodot für unsere Zeit”. Frankfurter Allgemeine Zeitung. http://www.faz.net/IN/INtemplates/faznet/default.asp?tpl=common/zwischenseite.asp&dx1={56C34E85-9E00-7DF2-6E43-98583EBF2A27}&rub={01345753-1D51-4A28-9550-C982F21BCDBF} 2007年1月25日閲覧。 
  102. ^ http://muzyka.onet.pl/festiwal/7757,69623,galeria.html
  103. ^ https://www.google.com/hostednews/epa/article/ALeqM5g20isH7sNuQqEnFXK0QKtou0IfOw
  104. ^ HEY JOE::1.05.2016::Guitar Guinness Record::WROCŁAW/POLAND::”. 2016年7月4日閲覧。
  105. ^ 1st Prize Marcin Stańczyk (Poland)”. www.operacity.jp. www.operacity.jp. 2020年12月5日閲覧。
  106. ^ Dominik Karski : Represented Artist”. www.australianmusiccentre.com.au. オーストラリア音楽情報センター. 2020年12月5日閲覧。
  107. ^ Artur Zagajewski”. www.musma.eu. www.musma.eu. 2020年12月5日閲覧。
  108. ^ http://www.warsawvoice.pl/view/16781
  109. ^ レヴァンドフスキがゲルト・ミュラー超え! 驚異の29試合41得点で6度目のブンデス得点王を戴冠”. Goal.com (2021年5月23日). 2022年9月19日閲覧。
  110. ^ レバンドフスキが“得点王3冠”。決勝ではゴールならずも圧倒的得点力発揮”. F.Chan TV (2020年8月24日). 2020年8月24日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ポーランド」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポーランド」の関連用語

ポーランドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポーランドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポーランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS