特徴統合理論とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 合理論 > 特徴統合理論の意味・解説 

特徴統合理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/24 09:16 UTC 版)

特徴統合理論は、人間の視覚的注意についての心理学的モデルで、トリーズマンとゲラードにより1980年代初頭に発表され、大きな影響力を持った。トリーズマンによれば、視覚情報処理の初期段階でいくつかの単純な視覚的特徴が処理され、複数の特徴マップ(feature maps)として表象される。その後、顕著性マップ(saliency map)として統合を受け、興味の対象となる領域へ注意を向けるためにアクセスされる。




「特徴統合理論」の続きの解説一覧



特徴統合理論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特徴統合理論」の関連用語

1
10% |||||

特徴統合理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特徴統合理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特徴統合理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS