思い立つとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 動詞 > 五段活用 > タ行五段活用 > 思い立つの意味・解説 

おもい‐た・つ〔おもひ‐〕【思い立つ】

[動タ五(四)あることをしようという考え起こす心を決める。「急に—・って出掛ける」


おもい‐た・つ おもひ‥ 【思立】

1⃣ 〔他タ五(四)

① ある事をしようという考え起こす発起する。決意する。決心する。

古今(905‐914)離別三七六「朝なけに見べき君としたのまねば思立(おもひたち)ぬる草枕なり〈〉」

徒然草1331頃)五九「大事を思ひたたん人は、去りがたく心にかからん事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり」

意気込む気負う自負する。

狭衣物語(1069‐77頃か)三「我はと思ひたち、車どもの御簾下させて過ぎさせ給ふ

2⃣ 〔他タ下二決意する。決心する。

有明の別(12C後)下「我御くらゐのほど、人の御すくせ、いづれとてつつましからぬならねど、宮の御心などをおぼすに、こよなく思たてたるを、猶いと物しめやかなるほどに」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思い立つ」の関連用語

思い立つのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思い立つのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS