ピーター・パン(1953)とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ピーター・パン(1953)の意味・解説 

ピーター・パン(1953)

原題:Peter Pan(1953)
製作国:アメリカ
製作年:1953
配給:RKOラジオ日本支社配給
スタッフ
監督:Hamilton S. Luske ハミルトン・S・ラスク

Clyde Geronimi クライド・ジェロニミ

Wilfred Jackson ウィルフレッド・ジャクソン
製作:Walt Disney ウォルト・ディズニー
脚本:Ted Sears テッド・シアーズ

Bill Peet ビル・ピート

Joe Rinaldi ジョー・リナルディ

Ralph Wright ラルフ・ライト

Erdman Penner アードマン・ペナー

Winston Hibler ウィンストン・ヒブラー

Milt Banta ミルト・バンタ

Bill Cottrell ビル・コットレル
作曲:Oliver Wallace オリヴァー・ウォーレス
歌:Sammy Fain サミー・フェイン

Oliver Wallace オリヴァー・ウォーレス

Erdman Penner アードマン・ペナー

Ted Sears テッド・シアーズ

Sammy Cahn サミー・カーン

Frank Churchill フランク・チャーチル

Winston Hibler ウィンストン・ヒブラー
編集:Donald Halliday 
録音:S. O. Slyfield 

Harold J. Steck ハロルド・J・ストーン

Robert O. Cook 
スクリプター:Hal King 

Fred Moore 

Hal Ambro 

Ken O'Brien 

Bill Justice 

Marvin Woodward 

Hugh Graser 

Eric Cleworth 

Cliff Nordberg 

Bob Carlson 

Harvey Toombs 

Don Lusk 

Judge Whitaker 

Jerry Hathcock 

Art Stevens アート・スティーヴンス

Clair Weeks 
キャスト(役名
Bobby Driscoll ボビー・ドリスコル (Peter Pan
Kathryn Beaumont キャスリン・ビューモント (Wendy
Hans Conreid ハンス・コンリード (Captain Hook
Bill Thompson ビル・トムスン (Smee
Heather Angel ヘザー・エンジェル (Mrs. Darling
Paul Collins ポール・コリンズ (Michael
Tommy Lusk  (John
Candy Candido  (Indian Chief
解説
ロビン・フッド(1972)」のウォルト・ディズニー1953年に製作したテクニカラー色彩長編漫画映画である。1904年ロンドン初演ジェイムズ・M・バリー戯曲『ビーター・パン』の漫画映画化で、映画用ストーリーはテッド・シアーズビル・ピートジョー・リナルディラルフ・ライトアードマン・ペナーウィンストン・ヒブラーミルト・バンタビル・コットレル合作監督ハミルトン・S・ラスククライド・ジェロニミウィルフレッド・ジャクソンである。音楽オリヴァー・ウォーレス各人物の声を受け持つのはボビー・ドリスコルキャスリン・ビューモントハンス・コンリードビル・トムスンヘザー・エンジェルなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ロンドン郊外に住むダーリング家の3姉弟姉娘ウェンディ大人になるのがいやでしょうがなかった。ある夜ウェンディたちの部屋お伽話ピーター・パンがしのびこみ、いつまで子供でいられる“ないない島”へ連れて行ってやろうといった。ピーター・パンが光のをウェンディジョンマイケルの3人にふりかける空を飛ぶことが出来るようになって、ピーター・パン先頭に“ないない島”へ飛んで行った。ピーター・パンたちの大敵海賊フックだ。フック飛んで来るピーター・パンたちに大砲うちかけたが、一同はどうやら無事に島に着くことができた。ジョンマイケルは同じような子供たちがたくさんいるので大喜び、早速皆でインディアン退治出発したが、娘を何者かに誘拐されて怒っていた酋長逆に捕えられ、夜明け死刑されることになった。ピーター・パンウェンディ人魚たちと遊んでいるとき海賊フック酋長の娘を攫って行くのを見つけ、ピーター・パン海賊と大格闘して娘を助け出した。これを知った酋長喜んで子供たちの縄をときお礼の大ダンス・パーティ催した。そのうちウェンディお母さん恋しくなり、ピーター・パンから家へ帰る大人になってしまうと言われたが、やはり皆を連れて帰る決心をした。ピーター・パンに娘を奪い返されたフックはその復讐ウェンディ以下の子供たちを捕えてしまった。しかし、急を知ったピーター・パン飛んで来てフック鰐の口中につき落した。ウェンディたちはロンドン帰ることができた。そしてウェンディ父母大人になる決心をしたと告げのだった


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピーター・パン(1953)」の関連用語

ピーター・パン(1953)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピーター・パン(1953)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS