ハナガサタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > ハナガサタケの意味・解説 

ハナガサタケ

学名Pholiota flammans (Fr.) Kummer
モエギタケ科 スギタケ属
ハナガサタケ
夏から秋にかけてオオシラビソシラビソウラジロモミなど亜高山帯針葉樹枯れ木上に群生する。姿、形はそれほど大きくないが派手で目立つきのこである。 現在までに発生確認されているのは北半球では温帯より北の地域であり、南半球ではオーストラリア大陸である。どちらかというと冷し気候を好むきのこらしい。

特 徴
傘は初め丸山形からまんじゅう形で後には平らに開き、色は鮮黄色から橙黄色美しい。表面ささくれでおおわれ、ぬめりはほとんどないかまったくない。 ひだは柄に直生から上生並び方は密。初めは傘とほぼ同色で後にはさび褐色となる。柄は傘とほぼ同色表面ささくれに密におおわれる上部には糸状の不完全なつばをもつ場合もある。傘及び柄のささくれはきのこの生長とともに脱落する場合もある。肉にはやや苦味がある。



ハナガサタケと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハナガサタケ」の関連用語

ハナガサタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハナガサタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2019 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS