ノーログポリシーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ノーログポリシーの意味・解説 

ノーログポリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 21:41 UTC 版)

ノーログポリシー英語: no logs policyno-logging policy)は、主にVPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事である。ログを取らなければログが漏洩することもないため、プライバシー保護の観点からノーログポリシーを採用しているVPNサービスプロバイダーは複数ある。


  1. ^ a b ProtonVPN: Secure and Free VPN service for protecting your privacy” (英語). ProtonVPN. 2020年5月16日閲覧。 “No-log policy ProtonVPN is a no logs VPN service. We do not track or record your internet activity, and therefore, we are unable to disclose this information to third parties.”
  2. ^ No-logging of user activity policy - ガイド” (英語). Mullvad VPN. 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ Mozilla VPN: Protect Your Entire Device”. Mozilla Foundation. 2020年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  4. ^ VPN - riseup.net” (英語). riseup.net. 2020年5月20日閲覧。


「ノーログポリシー」の続きの解説一覧

ノーログポリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

閲覧履歴などを保存しないノーログポリシーを掲げている。

※この「ノーログポリシー」の解説は、「ProtonVPN」の解説の一部です。» 「ProtonVPN」の概要を見る


ノーログポリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

閲覧履歴などを保存しないノーログポリシーを掲げている。

※この「ノーログポリシー」の解説は、「ProtonVPN」の解説の一部です。» 「ProtonVPN」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  ノーログポリシーのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ノーログポリシーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノーログポリシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーログポリシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのProtonVPN (改訂履歴)、ProtonVPN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS