イッパシとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 東京方言 > イッパシの意味・解説 

いっ‐ぱし【一端】

【一】[名]一人前人並み。「口だけは一端のことを言う」「やっと一端の板前になった」

【二】[副]

一人前に。人並みに。未熟なのに一人前のように振る舞うさまにもいう。「あれで一端専門家のつもりでいる」

いったん。ひとまず

「—町の宿老断りたれば」〈浮・懐硯・二〉


イッパシ

東京方言意味・用例
イッパシ相当、かなり 「あれで自分じゃいっぱしの芸人のつもりなんだから」


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イッパシのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イッパシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS