イントラネット イントラネットの概要

イントラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/05 17:15 UTC 版)

インターネットとの共通化

基本的には通信手段の階層構造であるレイヤ1(物理層)、レイヤ2(データリンク層)、レイヤ3(ネットワーク層)、レイヤ4(トランスポート層)等をインターネットで行われている物と共通化させることにある。レイヤ1では、通信系ハードウェアの共通化、レイヤ2からレイヤ4まではTCP/IPファミリーと呼ばれる物への移行が行われる。

イントラネット間の通信方法

イントラネットは専用線で構築する場合と、インターネット上に仮想の専用線を構築する場合がある。 一般的に専用線を用いるケースの方がコストが高いが、セキュリティは強固である。 昨今ではインターネットの普及や、コスト削減の意識からVPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を用いて構築する事が多い。

歴史

イントラネットという言葉は、インターネットという言葉が一般的になったのを受けて登場した。

当初においては、メーカー毎に独自のプロトコルで行っていたLANWANFTPTCP/IP等インターネットで標準化している通信プロトコルを取り込み、汎用的なハードウェアの導入によるシステム構築の低価格化が目的であった。

導入当初は、メインフレームと言われる汎用コンピュータオフィスコンピュータ等や端末機と通信機器が高価な専用機であったが、導入の容易な通信機器の分野から導入が始まった。

まず、各コンピュータや端末機がモデルチェンジする際に10BASE等のインターネットで標準化されているインターフェイスを追加することにより通信の為のインターフェイスを共通化させ他社装置間の通信を容易にし、通信に掛かる開発コストなどを押し下げた。導入当初はパーソナルコンピュータが高価であったため、専用端末を使用していたがWindows3.1が登場した付近からパーソナルコンピュータの低価格化が進み、パーソナルコンピュータに専用端末機のエミュレーション機能を盛り込むことなどによって、システムの低価格化を推し進めた。

当初は同一社屋内の汎用コンピュータオフィスコンピュータ等と端末機間の通信に限られていた。後に、光モデム(専用線仕様)等が登場し離れた地点同士でイントラネットの環境を使えるようになり現在のイントラネットとしての形が整った。また、光ファイバーによるトークンリングと呼ばれる高速LAN設備などが登場するなどイントラネット専用機器も増えて行った。

後にインターネットへの接続が可能となるが、BIGLOBEやNIFTYなど大手プロバイダの登場を待たなければならなかった。

事務系のイントラネット

World Wide Web電子メールなどのインターネットアプリケーション技術が導入され、その応用範囲を推し進める事となった。

工業系・流通系・金融系のイントラネット

現在でもPOSシステムなどの専用機器を多く使うため事務処理系を除き、通信手段のみの導入に限られている物が多い。特に外部からのネットワークへの侵入を嫌う場合が多く、インターネットに接続するネットワークグループとはハードウェアのレベルで切り離されている物が多い。この際の通信手段はフレームリレーサービスなど専用線的な使い方を出来る通信手段を利用することが多い。




「イントラネット」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イントラネットに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イントラネット」の関連用語

イントラネットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リモートプリンタ

Xeon 7500

eneloop lite

L-06D JOJO

Palm Pre

Xperia NX SO-02D

Microsoft Arc Touch mouse

フレキシブルディスプレイ





イントラネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイントラネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS