阿修羅・原とは?

阿修羅・原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 14:47 UTC 版)

阿修羅・原(あしゅら・はら、1947年1月8日 - 2015年4月28日)は、日本のプロレスラーラグビー日本代表選手を経てプロレスに転向した。本名は原 進(はら すすむ)。長崎県北高来郡森山町(現:諫早市)出身[2]




  1. ^ a b The Stampede matches fought by Ashura Hara in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年9月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 「さらば、阿修羅 追悼のヒットマン 阿修羅・原 追悼特集」、『週刊プロレス』第1791号、2015年5月、 87-91頁。
  3. ^ a b c d ラグビーマン、原進。ラグビー共和国
  4. ^ 「栄光のトライ」(馬場信浩光文社)の231ページ
  5. ^ ラグビー時代も“阿修羅”だった?原さん 東京スポーツ・2015年05月01日
  6. ^ ラグビー日本代表 激闘の記憶(ベースボール・マガジン社)の62ページ。
  7. ^ ザ・ワールドラグビー(新潮社)の42ページ。
  8. ^ 一岡浩司のTwitter 2015年4月28日一岡浩司は近鉄乗務員の後輩でもあるが、原の退社した3年後の1980年入社であるため、一岡は原と同時に在籍したことはない)
  9. ^ a b c d e f 『日本プロレス事件史』vol.3 P62 - P65
  10. ^ a b c d 『忘れじの国際プロレス』P110 - P111
  11. ^ Stampede Wrestling British Commonwealth Mid-Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月11日閲覧。
  12. ^ The matches Ashura Hara fought at Germany in the year 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年9月3日閲覧。
  13. ^ IWE 1979 New Year Pioneer Series”. Puroresu.com. 2016年2月1日閲覧。
  14. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.36』P87-88(2015年、辰巳出版ISBN 4777814998
  15. ^ The Mid-South matches fought by Ashura Hara in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年9月11日閲覧。
  16. ^ IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年8月12日閲覧。
  17. ^ IWE 1981 Dynamite Series”. Puroresu.com. 2016年8月12日閲覧。
  18. ^ 阿修羅・原と馬場さんとつないだ一本の電話。〜天龍の名パートナーを悼んで〜Number web 2015年5月30日
  19. ^ a b 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P160-161
  20. ^ a b "ヒットマン"誕生の瞬間 「長州襲撃事件」東スポweb 2015年6月14日(2015年6月25日閲覧)
  21. ^ a b 阿修羅原さん死去 ラグビー日本代表からプロレスへ日刊スポーツ 2015年4月29日(同日閲覧)
  22. ^ 『日本プロレス事件史』vol.29 P17
  23. ^ 『日本プロレス事件史』vol.29 P20
  24. ^ 【借金に生活苦】あの名レスラーが「壮絶人生」の果てに死去DMMニュース 2015年5月2日(2015年5月3日閲覧)
  25. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P236
  26. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P300
  27. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P304
  28. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P306
  29. ^ a b 阿修羅原さん 関係者が明かした壮絶闘病秘話東スポweb 2015年4月30日(同日閲覧)
  30. ^ ベースボールマガジン社週刊プロレス』2011年11月23日号 pp79 - 81 「天龍源一郎プロレス生活35周年特別企画 革命回顧」最終回 阿修羅・原インタビュー特集記事より。
  31. ^ a b 「週プロEYEコラム 阿修羅・原が深刻な闘病生活!」、『週刊プロレス』No.1790、ベースボール・マガジン社、平成27年5月13日/5月20日合併号(4月28日発行)、43頁、2015年。
  32. ^ 【訃報】阿修羅原さん死去 ラグビー世界選抜メンバーからプロレスへ東スポweb 2015年4月28日(2015年4月29日閲覧)
  33. ^ 阿修羅原さん死去 天龍あえて無言貫くデイリースポーツ 2015年4月29日(同日閲覧)
  34. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P441-442
  35. ^ a b c グレート小鹿 阿修羅原さんしのぶ 「天龍と組んでグッとよくなった」東スポweb 2015年4月28日(2015年4月30日閲覧)
  36. ^ 大仁田厚facebookページ2015年4月28日
  37. ^ 武藤、阿修羅原さん悼む タフガイ元祖デイリースポーツ 2015年4月30日(同日閲覧)
  38. ^ a b 好敵手ハンセン氏「原はタフガイ…若すぎる」日刊スポーツ 2015年5月1日(2015年5月2日閲覧)
  39. ^ 永田裕志「今まで一番痛かった技はヒットマンラリアット」...阿修羅・原さんに追悼続々Jcast 2015年4月29日(2015年4月30日閲覧)
  40. ^ 『日は、また昇る』P144
  41. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P187
  42. ^ 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』P186-187
  43. ^ 『忘れじの国際プロレス』P98-99
  44. ^ 『忘れじの国際プロレス』P89
  45. ^ 小鹿会長「龍原砲復活計画あった」東スポweb 2015年4月29日(同日閲覧)


「阿修羅・原」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

阿修羅・原に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阿修羅・原」の関連用語

阿修羅・原のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ファレノプシス・ギガンテア

キャロル

中部山岳国立公園

京うちわ

発泡酒

アカタン砂防大平ミズヤ下堰堤

火打土台

シエナ





阿修羅・原のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿修羅・原 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS