防犯探偵・榎本シリーズとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 防犯探偵・榎本シリーズの意味・解説 

防犯探偵・榎本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/12 14:31 UTC 版)

防犯探偵・榎本シリーズ』(ぼうはんたんていえのもとシリーズ)は、角川書店から刊行されている貴志祐介推理小説のシリーズの総称。




  1. ^ 「F&F」は「Forewarned&Forearmed」の略で、「Forewarned is Forearmed(あらかじめ知るは備えなり)」の捩りで「警戒し、かつ武装する」という意味がある模様
  2. ^ スペシャルエピソードより。
  3. ^ 犯人の家で発見されたダイアモンドがいくつか偽物にすり替えられていたこと、それと同時に彼が「臨時収入が入ったから」と言って外国に旅行したこと、そしてセキュリティ・ショップの商品が窃盗のために使えそうなものばかりであることなどから、彼が泥棒であることが推測できる。
  1. ^ 『鍵のかかった部屋』特設サイト 著者のインタビューより
  2. ^ 『狐火の家』解説より
  3. ^ 2012本格ミステリベスト10』書評より
  4. ^ a b イントロダクション”. 鍵のかかった部屋オフィシャルサイト. フジテレビジョン. 2012年4月12日閲覧。
  5. ^ 大野智がフジ系月9初主演! 防犯オタクが密室トリックを謎解く”. マイナビニュース (2012年2月22日). 2012年4月12日閲覧。
  6. ^ 『+fact.mini』2012年17号、17頁での小原一隆へのインタビューより
  7. ^ 【オリコン】嵐・大野智が主演作で快挙! ドラマBD史上初の総合首位獲得”. オリコン (2012年10月17日). 2012年10月17日閲覧。
  8. ^ YouTube公式チャンネル・フジテレビ「ミトカナイトフジ!」で公開されている。
  9. ^ OL風も似合う?松井珠理奈「鍵のかかった部屋SP」で大人な秘書役”. スポニチ (2013年11月19日). 2014年1月4日閲覧。
  10. ^ 楽天エンタメナビ 鍵のかかった部屋第1話
  11. ^ Gガイドテレビ王国 鍵のかかった部屋紹介ページ
  12. ^ a b 全放送回と平均の出典。 鍵のかかった部屋 - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2012年6月26日参照。
  13. ^ 鍵のかかった部屋 - とれたてフジテレビ 2012年4月17日、フジテレビ広報部、2012年4月18日参照。
  14. ^ 「鍵のかかった部屋」が4冠 / 日刊スポーツドラマGP春(nikkansports.com) - 2013年5月7日閲覧
  15. ^ 第16回日刊スポーツドラマグランプリ発表!(nikkansports.com) - 2013年5月7日閲覧
  16. ^ 放送批評懇談会第50回ギャラクシー賞受賞作品
  17. ^ “MIPCOM BUYERS' AWARD for Japanese Drama”を受賞!『鍵のかかった部屋』- とれたてフジテレビ、2012年10月12日参照
  18. ^ ドラマ『鍵のかかった部屋』がUS国際フィルム&ビデオ祭で金賞受賞!”. テレビドガッチ. 2013年7月5日閲覧。


「防犯探偵・榎本シリーズ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

防犯探偵・榎本シリーズに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「防犯探偵・榎本シリーズ」の関連用語

防犯探偵・榎本シリーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エレファスゾウカブト

つや消し仕上げ

七福神について

旧逢坂山トンネル

おれんじ8

糸

ジャポニカ種

雄町の冷泉





防犯探偵・榎本シリーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防犯探偵・榎本シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS