開発インターチェンジとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 開発インターチェンジの意味・解説 

開発インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/01 14:45 UTC 版)

開発インターチェンジ(かいはつインターチェンジ)制度とは、供用中または建設中の高速道路において、地元自治体が造る第3セクター公社が資金を供出して公団にインターチェンジ(IC)建設を委託する制度である[1]


  1. ^ a b 開発インターチェンジ / ワードBOX”. 西日本新聞. 2013年2月4日閲覧。
  2. ^ a b 高速道路とは”. 国土交通省東北地方整備局 (2009年10月29日). 2013年2月4日閲覧。
  3. ^ 山口新聞ダイジェスト2004年3月3日”. みなと山口合同新聞社 (2004年3月3日). 2013年2月4日閲覧。


「開発インターチェンジ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「開発インターチェンジ」の関連用語

開発インターチェンジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山田顕義

七五三

高松和紙

くりすとばる丸

キャリバー

XJR1300

テン フィンガー グリップ

3000系





開発インターチェンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開発インターチェンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS