部落の起源論争とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 部落の起源論争の意味・解説 

部落の起源論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/30 15:54 UTC 版)

部落の起源論争(ぶらくのきげんろんそう)は、被差別部落の起源、形成史に関わる学術的、政治的論争を指す。 非人については、書物での初見が謀反を起こした貴族とされていることなどもあって起源について大きな争いはなく[要出典]、特に穢多(えた・えった)差別に関して議論されている。


  1. ^ 上杉聰「天皇制と部落差別」P178-179
  2. ^ 「民俗学辞典」(1951、P550)では差別の大きな要因として「死穢や死霊とかかわりあう宗教的職能民を特別視する感覚」を挙げている。
  3. ^ 原田「幕藩社会と身分制」(「近世の被差別部落」P43)
  4. ^ 『部落の歴史像』解放出版社、2001年。
  5. ^ 上杉前掲書P242、上杉聰講演「部落の起源と天皇制」[1](2006年)
  6. ^ 上杉前掲書P64によれば「紀伊国隅田荘赤塚村堂座証文」(1395年、高野山文書)に「血脈一度穢れては清くなることかなわず、穢多の子孫はいつまでも穢多なり」とある。
  7. ^ 上杉前掲書P52-62
  8. ^ 高本力『増補新版 部落の源流』p.198。
  9. ^ 1946年10月14日の講演での発言。「宗像郡部落解放委員会講演速記」、『部落解放史・ふくおか』第61号、福岡部落史研究会、1991年3月、p.128
  10. ^ 関口寛『20 世紀初頭におけるアカデミズムと部落問題認識』
  11. ^ 田宮武「被差別部落の生活と闘い」(明石書店, 1986)p.243
  12. ^ 渡辺巳三郎『近代文学と被差別部落』p.241
  13. ^ 原田伴彦『部落解放を求めつづけて: 原田伴彦部落問題選集』p.153
  14. ^ 柴田道子『被差別部落の伝承と生活: 信州の部落.古老聞き書き』p.48
  15. ^ 塚原美村『未解放部落』p.236
  16. ^ 『資料集『賀川豊彦全集』と部落差別: 『賀川豊彦全集』第8巻の補遣として』p.54, 176
  17. ^ 岡本弥『特殊部落の解放』p.202
  18. ^ 賀川豊彦『貧民心理の研究』
  19. ^ 『日本キリスト教史における賀川豊彦: その思想と実践』p.117
  20. ^ 『岩波講座日本通史』第18巻、157頁
  21. ^ 小浜基次「形質人類学から見た日本の東と西」『国文学の解釈と鑑賞』二八巻五号)
  22. ^ 『天皇の伝説』p.196
  23. ^ 『天皇の伝説』p.199
  24. ^ 本田豊『新版 部落史を歩く 非人系部落の研究』211頁


「部落の起源論争」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「部落の起源論争」の関連用語

部落の起源論争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サガクラシック

WX321J

ピンプラグ

陸上のおう地

弥生

山王鳥居

ボーイング式747-200B型

キック





部落の起源論争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの部落の起源論争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS