蹴上げとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 蹴上げの意味・解説 

け あげ [0] 【蹴上げ】

けって上にあげること。また,けってあげる泥やほこり。
階段一段の高さ。

蹴上げ

読み方:けあげ

ガ行下一段活用動詞蹴上げる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蹴上げ

読み方:けあげ

ガ行下二段活用動詞蹴上ぐ」の連用形、あるいは連用形名詞したもの
蹴上ぐ」の口語形としては、ガ行下一段活用動詞蹴上げる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

けあげ 蹴上げ

階段における一段一段垂直面のこと。またはその高さ。一段水平面ふみづら(踏み面)という。

蹴上げ

【用  語】蹴上げ
よみがなけあげ
【意  味】
 階段側面のこと。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

蹴上げ

階段一段の高さのこと。建築基準法で蹴上げは23cm以下と決められている。足がのる平らな部分を「踏み面」、階段の垂直になった部分を「蹴込み」という。同居する家族身体状況体力症状などに合わせて、蹴上げの高さや踏面広さ決定するといいだろう。

蹴上げ(けあげ)

階段の段の立ち上がり部分踏み板踏み板の間の垂直な部分のこと。安全で上り下りしやすい階段とするために、高さなどは基準守りたい。

階段

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/08 21:21 UTC 版)

(蹴上げ から転送)

階段(かいだん)は、高低差のある場所への移動を行うための構造物である。人間の足で昇降可能な高さ(蹴上げ)をもつ、いくつもの水平な段(踏みづら)に分割されている。日本語古語および雅語では、きざはし(階)と言う。


  1. ^ 永田久雄「日本における階段からの転落死亡事故の様相 (PDF) 」 、『日本建築学会計画系論文報告集』第431巻、1992年1月、 39-46頁。


「階段」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

蹴上げに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蹴上げ」の関連用語

蹴上げのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




蹴上げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2014 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2014 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2014 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの階段 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS