統合典拠ファイルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 統合典拠ファイルの意味・解説 

統合典拠ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/20 08:10 UTC 版)

統合典拠ファイル[1] (ドイツ語: Gemeinsame Normdatei、別名: 共通データベース[2]、共通統一データベース[3])またはGNDとは目録からの個人名、件名標目、企業団体を組織化するための国際的典拠ファイルである、おもに図書館でのドキュメンテーションに使用されるが、公文書館博物館での利用も増加している。GNDはドイツ国立図書館欧州ドイツ語圏英語版にある複数の図書館ネットワークやその他提携先との協力により管理していて、クリエイティブ・コモンズ・ゼロ (CC0)ライセンスで提供されている[4]




  1. ^ ドイツ国立図書館が“GND Ontology”を公開”. カレントアウェアネス・ポータル (2012年10月1日). 2015年3月25日閲覧。
  2. ^ 潮海久雄「権利者不明著作物(ドイツ)の追加調査」、文化庁。
  3. ^ カール=フリッツ・レンズ(Karl-Friedrich Lenz)「「孤児著作物」等に関するドイツの最近立法」、青山学院図書館。
  4. ^ Integrated Authority File (GND)
  5. ^ GND Ontology – Namespace Document, version 2012-06-30.
  6. ^ Entitätencodierung: Vergaberichtlinien (short lists: old and new version)


「統合典拠ファイル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「統合典拠ファイル」の関連用語

統合典拠ファイルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

天元

沖縄復帰20周年記念500円白銅貨幣

32M 光伝送装置

ヒイラギ

CX-7

月山和紙

櫓透図鐔

アドバンスたたみ





統合典拠ファイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統合典拠ファイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS