空燃比マップ制御とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 空燃比マップ制御の意味・解説 

空燃比マップ制御

英語 program mapped air-fuel ratio control

横軸エンジン回転数縦軸吸入空気量スロットル開度をとるグラフマップで、各絡子の燃料噴射パルス幅や点火時期をあらかじめマップ上に入力しておき、運転状態に応じてその値を読み出して制御する方式。各格子点中間での運転状態の場合マップ上の複数点から最適値を補完して決定され、綴密な制御を可能にしている。従来機械制御では困難だったマップ制御は、電子式制御によって容易になりエンジン総合性能著しく向上した。

空燃比マップ制御

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

空燃比マップ制御のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

点火装置

VNTターボチャージャー

サイドシルガーニッシュ

プラッツ

インテグラ

真空成形

NAS電池

自動車の分類





空燃比マップ制御のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS