矜持とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 慣用読み > 矜持の意味・解説 

きょう じ [1] -ぢ 【矜持】 ・ -じ 【矜

自信誇り自信誇りを持って,堂々と振る舞うこと。きんじ。プライド。 「学生としての-を持て」

きん じ -ぢ [1] 【矜持】

きょうじ(矜持)」の慣用読み


矜持

読み方:キンジ(kinji)

自信誇り


矜持

読み方:キョウジ(kyouji)

作者 佐多稲子

初出 昭和15年

ジャンル 小説


矜持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/02 22:55 UTC 版)

矜持(きょうじ)とは、プライド自尊心、自負心などを意味する言葉。




「矜持」の続きの解説一覧

矜持

出典:『Wiktionary』 (2010/09/29 15:05 UTC 版)

名詞

きょうじ 「きんじ」は百姓読みであるが頻用される)

  1. 人として誇りプライド
    かやうに論理求めところに知性矜持があり、自己尊重がある。いはゆる論理家は公式主義者であり、獨斷家の一つ種類に過ぎない。(三木清人生論ノート』)
    しかしまた一方には何事にも促らわれず、自由に自分の好む勉強ができるので、内に自ら楽むものがあった。超然として自ら矜持(きんじ)する所のものを有(も)っていた。(西田幾多郎明治二十四、五年頃東京文科大学選科読み仮名引用元のまま)





矜持と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

矜持に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「矜持」の関連用語

1
傲り 国語辞典
92% |||||

2
唯我独尊 国語辞典
92% |||||

3
我褒め 国語辞典
92% |||||

4
估券 国語辞典
74% |||||

5
優越感 国語辞典
74% |||||

6
気格 国語辞典
74% |||||

7
沽券 国語辞典
74% |||||

8
貫目 国語辞典
74% |||||


10
14% |||||

矜持のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホワイトライン・ピメロドゥス

北浜健介

docomo STYLE series F-06B

日蔭/ひぞえ

ログキャビンキルト

クソニンジン

タテゴトアザラシ

麻綿原のヒメハルゼミ





矜持のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矜持 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの矜持 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS