東山トンネル (愛知県)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 東山トンネル (愛知県)の意味・解説 

東山トンネル (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 15:53 UTC 版)

東山トンネル(ひがしやまトンネル)は、愛知県名古屋市千種区鏡池通と名古屋市名東区藤巻町の間にある名古屋高速2号東山線の道路トンネルである。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同じ資料でありながらトンネル長が2,800mであったり3,560mであったりと数値が異なるが、本項では『名古屋高速道路公社30年史』p.123の3,560mと3,190mを採った。
  2. ^ 4.8m。この区域は4.8 - 14mの土被りしかない(『名古屋高速道路公社30年史』名古屋高速道路公社30年史編集委員会、2002年、p=129)

出典

  1. ^ a b c 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 128.
  2. ^ a b 名古屋高速道路公社 2004, p. 29.
  3. ^ a b c d 名古屋高速道路公社 2004, p. 2.
  4. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. 1.
  5. ^ a b 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 122.
  6. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 112.
  7. ^ a b c d e “高速道1号線の四谷-高針 建設へ向け一歩「来年度にも環境アセス手続き」西尾市長市会でで意思表示”. 毎日新聞. (1987年11月27日夕刊) 
  8. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 99.
  9. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 107 - 108.
  10. ^ a b c 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 124.
  11. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 111.
  12. ^ 名古屋高速道路公社 2004, pp. 77 - 79.
  13. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 167 - 168.
  14. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. ¡¡(序文)・26.
  15. ^ a b c 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 107.
  16. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. ¡¡(序文).
  17. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. 47.
  18. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 48.
  19. ^ a b 名古屋高速道路公社 2004, p. 10.
  20. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. ¡¡(序文)・10 - 11.
  21. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. 12.
  22. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 129.
  23. ^ a b “名大電顕ショック高速道素案 頭かかえる学者『わずかな振動でも困る』”. 中日新聞: p. 6. (1975年5月27日夕刊) 
  24. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 167.
  25. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 110.
  26. ^ a b c d e 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, pp. 122 - 125.
  27. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 105 - 106.
  28. ^ 名古屋高速道路公社 2004, pp. 545 - 548.
  29. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 126.
  30. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 168.
  31. ^ 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 120、122.
  32. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 108 - 109.
  33. ^ a b 名古屋高速道路公社30年史編集委員会 2002, p. 120.
  34. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. 26.
  35. ^ a b “東山トンネルの緊急点検を公開 名古屋高速”. 中日新聞: p. 34. (2012年12月12日朝刊) 
  36. ^ http://www.nagoya-expressway.or.jp/app/webroot/files/common/150330.pdf
  37. ^ a b c d “なごやの特走隊 千種の巨大建造物の正体は”. 中日新聞: p. 18. (2009年2月23日朝刊) 
  38. ^ 安全につくられている東山トンネル” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2016年3月27日閲覧。
  39. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 114.
  40. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 32.
  41. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 108.
  42. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 109.
  43. ^ 名古屋高速道路公社 2004, p. 27.
  44. ^ a b c 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 166 - 167.
  45. ^ a b c 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 456.
  46. ^ “都市高速の留保区間建設問題「ルート白紙撤回を」藤巻町民らが決起集会”. 中日新聞. (1987年12月14日朝刊) 
  47. ^ “27日にも態度決定 都市高速四谷-高針間留保解除 市議会部会で審議”. 中日新聞. (1990年4月25日朝刊) 
  48. ^ a b c d “都市高速1号四谷-高針間 名東で初の地元説明会 ルート変更や環境問題 住民の質問集中”. 中日新聞. (1990年4月7日朝刊) 
  49. ^ a b “都市高速1号線四谷-高針間工事 環境対策など質問相次ぐ 説明会に沿線住民約100人”. 朝日新聞. (1992年11月12日朝刊) 
  50. ^ “『ルート再検討を』都市高1号線の『留保』区間反対の会が要望書”. 中日新聞. (1989年10月4日朝刊) 
  51. ^ “都市高速 市長の留保区間建設発言"早い動き"地元反発”. 中日新聞. (1989年9月29日朝刊) 
  52. ^ “名古屋高速新ルート”. 朝日新聞. (1991年8月21日朝刊) 
  53. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 17.
  54. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 18、454.
  55. ^ “鏡ヶ池線 大幅に変更 東山公園南を通過 環状2号と結ぶ”. 中日新聞: p. 1. (1975年4月16日朝刊) 
  56. ^ “1、2号線だけの十字型 名古屋都市高速道路 市当局が変更素案提出”. 中日新聞: p. 1. (1975年5月27日夕刊) 
  57. ^ “『静かな環境を守れ』名東区藤巻町高速道路反対の会誕生”. 中日新聞: p. 10. (1975年10月13日朝刊) 
  58. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 7、22.
  59. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 107、463.
  60. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 465.
  61. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 112 - 113.
  62. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 231、261.
  63. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 181 - 182.
  64. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 29.


「東山トンネル (愛知県)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東山トンネル (愛知県)」の関連用語

東山トンネル (愛知県)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

我孫子智美

ツチクラゲ

ネンブツダイ

アポロ7号

石田 篤司

篩骨

そり

刻子





東山トンネル (愛知県)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東山トンネル (愛知県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS