差別侵食とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 差別侵食の意味・解説 

差別侵食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/05 11:35 UTC 版)

差別侵食(さべつしんしょく,differential erosion)とは、地学用語であり、強度の異なる地質が隣接してある場合、軟らかい地層のほうが早く風化侵食され、硬い地層の方があまり風化・浸食されないという作用・状態を指す。ほぼ同一の地域・環境条件にありながら、侵食抵抗度の異なる地質・岩質のため、風化・浸食状況に大きな差異が生じることを意味している。選択侵食とも。




「差別侵食」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「差別侵食」の関連用語

差別侵食のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コトジツノマタ

グリッパー

タスポニー

キャメル

フィットタイプ

高泌乳牛

オーバルホール

カットビーズ





差別侵食のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別侵食 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS