左右大透図鍔とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 左右大透図鍔の意味・解説 

左右大透図鍔

さゆうおおすかしずつば
江戸初期
肥後国八代
素銅石目丸形無文赤銅覆輪
縦:74.3ミリ横:72.5ミリ
一般に以外の金工素材軟らかく、数百年の時が経ることにより、手擦れなどによって表面の状態は変容し、さらに錆がこれに加わって、製作時では思いもよらなぬ風貌呈する場合がある。この平田彦三特徴顕著な鍔は、素銅(すあか)という素材のもつこの経年変化意図的にその作品取り込み数百年の星生み出す奥深い表情を鍔面に創出させている。一方大胆にすかされた左右の大透かしは、彦三が好んでいたもの意図された空間構成意図できない経年変化絶妙バランス均衡を保っている。尚、耳には赤銅による可動式覆輪が廻らされており、これも彦三の特徴である。
左右大透図鍔
左右大透図鍔





左右大透図鍔と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「左右大透図鍔」の関連用語

1
92% |||||

左右大透図鍔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

家紋透図大小鐔

寿老人留守模様図笄

白鳥図小柄

草図小柄

山水図鍔

秋野鹿図縁頭

若松図鐔

菊軍鶏図大小鐔





左右大透図鍔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS