固有の特性とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 固有の特性の意味・解説 

固有の特性

編集されデータそのものは、直接にはほとんど用いられない。そのデータグループ分け(130-7)され、そして製表(130-6*)される。そして、これは通常統計表131-4)の形に表章される。これらは、人力または機械いずれかによるソート仕分け) 1によって行うことができるが、これによって、事前に決められた規則に従って一連の事象単位再構成、あるいはもっと単純に特定の属性をもつ事象単位系統的な計上が行われる。事象単位属性選択は、一つあるいは数個数量的属性の値、あるいは一つあるいは数個質的属性における固有の特性 2基づいて行われる。ほとんどの研究は、単純なものであれ複雑なものであれ、あるいは1回だけのものであれ繰り返しのものであれ、一連の計算なしには行われない。そして、コンピューター(225-2)は今や人力では時間掛かりすぎる計算を可能にする。これらの可能性は、データ分析 3技術発展をもたらした。決定論的および確率論的モデル730参照)はかなりの計算を必要とするし、シミュレーション(730-6)も同様である。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「固有の特性」の関連用語

固有の特性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大杯水仙

プロトマンガノ鉄直閃石

王 唯任

曽爾高原湧水群

愛知用水

シロハラ

水ノ子島灯台

インレイ





固有の特性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。

©2017 Weblio RSS