バイナリ転送プロトコルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バイナリ転送プロトコルの意味・解説 

バイナリ転送プロトコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/07/10 09:24 UTC 版)

バイナリ転送プロトコルは、パソコン通信などで利用されるバイナリデータ通信プロトコルである。パソコン通信で送受信できるデータは基本的にテキストデータ(文字情報)のみであり、バイナリデータ(画像など)を送受信するには各種バイナリ転送プロトコルに従ってデータの送受信を行うソフトウェアを使用する必要がある。


  1. ^ CompuServe発祥のプロトコルで、XMODEMの約2倍の転送速度を持つ。日本においては1990年1月にニフティサーブが採用するなどした。ピクニック企画, 堤大介, ed (1990-03-01). “BPlus” (日本語). 『電脳辞典 1990's パソコン用語のABC』. ピクニック企画. pp. 281. ISBN 4-938659-00-X. 


「バイナリ転送プロトコル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バイナリ転送プロトコル」の関連用語


2
74% |||||

3
58% |||||


5
36% |||||

6
32% |||||

7
18% |||||

8
16% |||||

9
16% |||||

10
14% |||||

バイナリ転送プロトコルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




バイナリ転送プロトコルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイナリ転送プロトコル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS