インクジェットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > インクジェット > インクジェットの意味・解説 

インクジェット [4] 【ink-jet】

プリンター印刷方式の一。液状インク粒子飛ばし用紙に点を描き,その集まり文字図形印刷する。

インクジェットプリンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/16 06:56 UTC 版)

(インクジェット から転送)

インクジェットプリンター(inkjet printer)とは、インクを微滴化し、被印字媒体に対し直接に吹き付ける方式を用いた印刷機である。


[ヘルプ]
  1. ^ 1984年6月、インクジェットプリンタ「IP-130K」 マイルストンプロダクツ”. セイコーエプソン. 2008年12月5日閲覧。
  2. ^ HPの歩み-1980年代”. 日本ヒューレット・パッカード. 2009年8月4日閲覧。
  3. ^ キヤノンの歩み、1985年、世界初のバブルジェット方式インクジェットプリンタ「BJ-80」発売”. キヤノン. 2008年12月5日閲覧。
  4. ^ キヤノンの歩み、1990年、バブルジェット方式ノート型プリンタ「BJ-10」”. キヤノン. 2008年12月5日閲覧。
  5. ^ 1996年11月、カラーインクジェットプリンタ「PM-700C」 マイルストンプロダクツ”. セイコーエプソン. 2009年8月4日閲覧。
  6. ^ PM-700C --- “写真印刷”を初めて標榜”. 日経BP. 2009年8月4日閲覧。
  7. ^ モノクロで低解像度のものとしては、電卓用プリンターなどとして商品化されたこともあった
  8. ^ インクジェット印刷”. 東静容器. 2009年8月12日閲覧。
  9. ^ エプソン. “純正インクが選ばれる4つの理由-1”. 2010年6月4日閲覧。
  10. ^ エプソン. “エプソン純正品について”. 2010年6月4日閲覧。
  11. ^ キヤノン. “キヤノン:インクジェットプリンター 消耗品紹介”. 2010年6月4日閲覧。
  12. ^ キヤノン. “Canon Sustainability Report 2008”. pp. p.39. 2009年8月17日閲覧。
  13. ^ ブラザー工業. “消耗品に関する独・デュッセルドルフ高等裁判所における勝訴判決について”. 2009年8月17日閲覧。
  14. ^ ブラザー工業. “ブラザー純正インクのご案内”. 2008年11月16日閲覧。
  15. ^ アリオン. “公開レポート”. 2008年11月16日閲覧。
  16. ^ 郵便局株式会社. “使用済みインクカートリッジを回収しています”. 2009年8月19日閲覧。
  17. ^ 郵便局株式会社. “ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HP、レックスマークは日本郵政グループと協力し使用済みインクカートリッジの共同回収を開始”. 2009年8月19日閲覧。
  18. ^ ITmedia. “かくして“つよインク”は生まれ変わる――エプソンのリサイクル工場見学”. 2010年6月4日閲覧。
  19. ^ 「「インク警告」、「インクわずか」メッセージが表示される」HPカスタマーケア







インクジェットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

インクジェットに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インクジェット」の関連用語

インクジェットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




インクジェットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインクジェットプリンター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS