アレクサンドロス3世とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > ファラオ > アレクサンドロス3世の意味・解説 

アレクサンドロス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 08:34 UTC 版)

アレクサンドロス3世ギリシア語: Ἀλέξανδρος Γ'紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日、在位紀元前336年 - 紀元前323年)、通称アレクサンドロス大王ギリシア語: Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、アルゲアス朝マケドニア王国バシレウスである。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトファラオも兼ねた。ヘーラクレースアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ プルタルコスの『英雄伝[要文献特定詳細情報][要ページ番号]によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。
  2. ^ プルタルコスの『英雄伝』[要文献特定詳細情報][要ページ番号]によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。
  3. ^ Mémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)[要文献特定詳細情報][要ページ番号]は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。
  4. ^ マケドニア人は何でもギリシア神話と結び付ける傾向(マケドニア風法螺話)があり、岩山を落とせなかったというヘーラクレースもギリシア神話のヘーラクレースではなく、現地や周辺地域の英雄をヘーラクレースと呼称しただけに過ぎないとされている[2]

出典

  1. ^ 森谷 2007 [要ページ番号]
  2. ^ フラウィウス・アッリアノスインド誌英語版[要文献特定詳細情報]
  3. ^ Ashrafian H. "The death of Alexander the Great--a spinal twist of fate." J Hist Neurosci. 2004 Jun;13(2):138-42. PMID 15370319.
  4. ^ Pearce, John M. S., "Fragments of Neurological History". Imperial College Press: 2003, p. 248. ISBN 1860943381







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アレクサンドロス3世に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アレクサンドロス3世」の関連用語

アレクサンドロス3世のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サイドシール

正法寺川北沢第七号石堰堤

ラスター

イグアノドン・アセルフィルデンシス

10形

ジョグZR

ミニレフレクタ球

1000系





アレクサンドロス3世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアレクサンドロス3世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS