プロテスタント 社会学における見解

プロテスタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/26 20:48 UTC 版)

社会学における見解

プロテスタンティズムと近代社会

社会学などで研究、議論の対象となるヨーロッパの近代化は、特にその初期において、プロテスタント革命によって強力な後押しを得たものだとする見解がある。

その最も有名な説はマックス・ヴェーバーによる『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』に展開されたもので、清教徒など禁欲主義的なピューリタニズムが支配的な国家において、労働者が合理的に効率性生産性向上を追求する傾向を持っていたことが指摘されている。ヴェーバーによれば、プロテスタントの教義上、すなわち自らに与えられた職業を天職と捉えるルターの思想と、それに加えてカルヴァンによる予定の教理(二重予定説)によって、貧困は神による永遠の滅びの予兆である反面、現世における成功は神の加護の証であるとされたことから、プロテスタント信者、特に禁欲的ピューリタニストは、自分が滅びに定められたかも知れないという怖れから逃れるために、自らの仕事に一心不乱に(ヴェーバーはここで「痙攣しながら」というドイツ語を用いている[32])打ち込むことで、自分が神に救われる者のひとりである確認しようとしたという心理があるという。なお、社会心理学者のエーリヒ・フロムも、『自由からの逃走』の第3章「宗教改革時代の自由」において、ウェーバーの説を援用しながら、そのような心理が権威主義的なものであることを分析し、ファシズムと同様の権威主義的な要素が古プロテスタンティズムに既に内包されていたとする見解を示している。

また、ダニエル・ベルは『資本主義文化矛盾』で、このような合理主義の精神が、芸術におけるモダニズムの運動と共に、近代社会のあり方を規定した主要因であったとする。また、1960年代以降、消費社会と結びついたモダニズムの影響力が拡大し、プロテスタンティズムに由来する近代の合理主義を脅かしているとも診断する。このような合理主義のため、経済平和研究所のデータを使って客観的に算出した積極的平和指数では、バルト三国のエストニアを除き、イングルハート・ウェルツェル文化地図でプロテスタントヨーロッパに分類される国:北欧諸国スウェーデンデンマークフィンランドノルウェーアイスランド)、スイスオランダドイツ、そして限りなくプロテスタントヨーロッパに近いオーストラリア、ニュージーランドは日本とともに上位13カ国に入っていることが分かる[14][33]

プロテスタントと近代の関わりについてはもうひとつ、異なる側面を扱った説があり、やはり広く知られている。教会に赴いて他の教徒と一緒に説教を聞いたり、賛美歌を歌うことによって信仰を実践していたカトリックに対して、プロテスタントは当初、個々人が聖書を読むことを重視した。集団で行う儀式に比べて読書は個人中心の行動であるため、一部の論者はこれを近代社会に特有な個人主義と結び付けて考える[34]


  1. ^ ただしカトリック教会自身は「旧教」を自称したことはなく、カトリック教会ではまったく使われない呼称である。
  2. ^ こうした分派発足のいきさつがあるため、ナザレのイエスの説いた普遍的な教条の表明と、抗争や戦争の指針とを共存しうる教派も生まれた。
  3. ^ 神の前で義とされるのは行為祭礼ではなく「信仰のみ」、聖書は神の言葉であり、信仰生活は聖書の啓示をよりどころとする「聖書のみ」、洗礼を受けた信者はすべて祭司であるとする「万人祭司」がある。(岩波キリスト教辞典P994 プロテスタンティズムの項目 川中子義勝)
  4. ^ のち、1648年のヴェストファーレン条約及びこれに伴うミュンスター条約英語版により、南ネーデルラント以外の北部7州はネーデルラント連邦共和国として成立し、またスイスも独立した。
  5. ^ 「ルーテル」はルターの舞台ドイツ語読み
  6. ^ 各教派、教団ごとの代表者、代表理事などの経営・運営上のトップは殆どの場合存在する
  7. ^ ローマ教皇庁のような、全教会政治の最高権限を有しているわけではない。
  8. ^ この場合の違いは、旧約聖書に関して、カトリック側が七十人訳聖書に準拠したラテン語訳聖書に依るのに対して、プロテスタント側がユダヤ戦争後に正典化されたヘブライ語聖書を底本とするだけの違いで、前者に含まれる一部の文書が正典化されたヘブライ語聖書から外された第二正典を旧約聖書に含むか含まないかの違いである。
  9. ^ ただし、日本語宗派の語は元来仏教用語であって、キリスト教系で使用する機会は滅多にない。
  10. ^ 日本基督教団は日本の政治的事情により結成された超教派ではあるが、戦後の再編で福音派とされる系統の教会は所属していないメインライン・プロテスタントの教団であると認識されている。
  11. ^ これ以降ピューリタンと先住民は全面的に対立するようになる。岩波キリスト教辞典P1035
  1. ^ 「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。
  2. ^ a b 「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年、第一版、714頁。「キリスト教」デジタル大辞泉、小学館、コトバンク
  3. ^ 「御父」(おんちち〈新共同訳聖書ヨハネによる福音書』3:35〉)。
  4. ^ 「御子」(みこ〈新共同訳聖書『ヨハネによる福音書』3:35〉)、「子なる神」。
  5. ^ protestant (Dictionary.com)
  6. ^ 岩波キリスト教辞典P90 異端の項目 木塚隆志
  7. ^ 井門富二夫『カルトの諸相 キリスト教の場合』岩波書店1997年
  8. ^ 『異端の歴史』教文館1997年
  9. ^ J.G.メルトン (1992). Encyclopedic Handbook of Cults in America. Garland 
  10. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  11. ^ マクグラス『キリスト教の将来』教文館
  12. ^ 古屋安雄『激動するアメリカ教会』ヨルダン社
  13. ^ 詳しくはキリスト教#信徒数を参照
  14. ^ a b WVS Database”. www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  15. ^ WVS Database”. www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  16. ^ WVS Database” (英語). www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  17. ^ [WVS wave 7 (2017-2020): Haerpfer, C., Inglehart, R., Moreno, A., Welzel, C., Kizilova, K., Diez-Medrano J., M. Lagos, P. Norris, E. Ponarin & B. Puranen et al. (eds.). 2020. World Values Survey: Round Seven – Country-Pooled Datafile. Madrid, Spain & Vienna, Austria: JD Systems Institute & WVSA Secretariat.] doi:10.14281/18241.1
  18. ^ a b ピュー研究所『世界のキリスト教徒』(英語版)。2011年。
  19. ^ 宇田進『福音主義キリスト教と福音派』
  20. ^ 尾山令仁『クリスチャンの和解と一致』地引網出版
  21. ^ 共立基督教研究所『宣教ハンドブック』
  22. ^ 日本福音同盟『日本の福音派』
  23. ^ ピーター・バイヤーハウス 『宣教のめざす道-エキュメニカルと福音派の間-』いのちのことば社
  24. ^ 尾山令仁『聖書の教理』羊群社
  25. ^ 渡辺信夫『アジア伝道史』いのちのことば社
  26. ^ 日本伝道会議『日本開国とプロテスタント宣教150年』2009年
  27. ^ トマス・ブラウン『スコットランドにおける教会と国家』すぐ書房
  28. ^ ケアンズ『基督教全史』聖書図書刊行会
  29. ^ カナダ合同教会に歓迎!
  30. ^ 合同教会について (英語)
  31. ^ 日本聖公会大阪教区
  32. ^ 折原浩『ヴェーバー学のすすめ』未来社、2003年
  33. ^ POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  34. ^ ルイ・デュモン (1993)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロテスタント」の関連用語

プロテスタントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロテスタントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロテスタント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS