プロテスタント 活動

プロテスタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/26 20:48 UTC 版)

活動

エキュメニカル運動

20世紀に起こった、プロテスタントを中心とするキリスト教の教会一致運動のこと。

国教会と自由教会

Cuius regio, eius religio(領主の信仰が、汝の信仰)の原理は、欧州の外では通用せず、アジア地域などにおいて敬虔主義が伝道の原動力になった[25]国教会から独立した教会は自由教会(フリーチャーチ)と呼ばれている[26][27][28]

合同教会

複数のプロテスタント教派が共同で合同教会を作る動きが特に20世紀になって盛んになっている。 [29][30]カナダ合同教会北インド教会Church of North India)、南インド教会Church of South India)、中国基督教協会などである。

系統

プロテスタントは主にカトリック教会から分離した教派、さらにそこから分離した教派を指す。正教会をはじめとした東方教会から分離した教派を指すことはない(古儀式派などはプロテスタントとは呼ばれない)。

聖公会英国国教会)は、カトリック教会から分かれてプロテスタントの教義から影響を受ける一方で、カトリック教会の信条・聖職制度・典礼等を引き継いでいるという経緯がある。そのため、聖公会をプロテスタントに分類する見解もあり、聖公会も自身を「宗教改革の結果生まれた教会としては、プロテスタントに属している」と規定している。一方で、カトリックの伝統も受け継いでいることから「中道の教会」「橋渡しの教会」とも位置づけている[31]英国王室では、王位継承者でプロテスタント信仰を持っている者、正教の信仰を持っている者は王位継承後、スコットランド国教会にも帰属しなければならないとしており、この場合聖公会はプロテスタントに含まれると考えられる。

カトリックから分離した教派であっても、上述のようにプロテスタントと自認している聖公会をそのように呼ぶか否かは、各教団・信徒個人で意見が分かれる。また同じくカトリックから分離した教派である復古カトリック教会は、プロテスタントを自認する聖公会とはフル・コミュニオンの関係にありながら、カトリックを自称しておりプロテスタントには含まれないとされる。このように、プロテスタントなのかそれ以外なのか線引きの難しい教派や教団も見られる。

非常に稀な例ではあるが、プロテスタントの流れでありながら正教会の奉神礼を採用しているエヴァンジェリカル・オーソドックス教会という教派も存在する。これは元々福音派系プロテスタントであった教派が結果的に正教会の奉神礼を採用したのであり、源流は正教会ではなくカトリック分離組の流れ(福音派経由)のプロテスタントである。なお、この教派の多くの教会は最終的にどこかしらの地域の正教会に合流しており、独自のプロテスタント教派としては現在では数を減らしている。

系統概略図

キリスト教諸教派全体からみた系統概略。更に細かい分類方法と経緯がある。
聖公会、プロテスタント、アナバプテストについて上図より詳しい系統図であるが、これもあくまで大まかな流れであり、さらに細かい分類方法・経緯がある。

  1. ^ ただしカトリック教会自身は「旧教」を自称したことはなく、カトリック教会ではまったく使われない呼称である。
  2. ^ こうした分派発足のいきさつがあるため、ナザレのイエスの説いた普遍的な教条の表明と、抗争や戦争の指針とを共存しうる教派も生まれた。
  3. ^ 神の前で義とされるのは行為祭礼ではなく「信仰のみ」、聖書は神の言葉であり、信仰生活は聖書の啓示をよりどころとする「聖書のみ」、洗礼を受けた信者はすべて祭司であるとする「万人祭司」がある。(岩波キリスト教辞典P994 プロテスタンティズムの項目 川中子義勝)
  4. ^ のち、1648年のヴェストファーレン条約及びこれに伴うミュンスター条約英語版により、南ネーデルラント以外の北部7州はネーデルラント連邦共和国として成立し、またスイスも独立した。
  5. ^ 「ルーテル」はルターの舞台ドイツ語読み
  6. ^ 各教派、教団ごとの代表者、代表理事などの経営・運営上のトップは殆どの場合存在する
  7. ^ ローマ教皇庁のような、全教会政治の最高権限を有しているわけではない。
  8. ^ この場合の違いは、旧約聖書に関して、カトリック側が七十人訳聖書に準拠したラテン語訳聖書に依るのに対して、プロテスタント側がユダヤ戦争後に正典化されたヘブライ語聖書を底本とするだけの違いで、前者に含まれる一部の文書が正典化されたヘブライ語聖書から外された第二正典を旧約聖書に含むか含まないかの違いである。
  9. ^ ただし、日本語宗派の語は元来仏教用語であって、キリスト教系で使用する機会は滅多にない。
  10. ^ 日本基督教団は日本の政治的事情により結成された超教派ではあるが、戦後の再編で福音派とされる系統の教会は所属していないメインライン・プロテスタントの教団であると認識されている。
  11. ^ これ以降ピューリタンと先住民は全面的に対立するようになる。岩波キリスト教辞典P1035
  1. ^ 「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。
  2. ^ a b 「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年、第一版、714頁。「キリスト教」デジタル大辞泉、小学館、コトバンク
  3. ^ 「御父」(おんちち〈新共同訳聖書ヨハネによる福音書』3:35〉)。
  4. ^ 「御子」(みこ〈新共同訳聖書『ヨハネによる福音書』3:35〉)、「子なる神」。
  5. ^ protestant (Dictionary.com)
  6. ^ 岩波キリスト教辞典P90 異端の項目 木塚隆志
  7. ^ 井門富二夫『カルトの諸相 キリスト教の場合』岩波書店1997年
  8. ^ 『異端の歴史』教文館1997年
  9. ^ J.G.メルトン (1992). Encyclopedic Handbook of Cults in America. Garland 
  10. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  11. ^ マクグラス『キリスト教の将来』教文館
  12. ^ 古屋安雄『激動するアメリカ教会』ヨルダン社
  13. ^ 詳しくはキリスト教#信徒数を参照
  14. ^ a b WVS Database”. www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  15. ^ WVS Database”. www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  16. ^ WVS Database” (英語). www.worldvaluessurvey.org. 2022年3月19日閲覧。
  17. ^ [WVS wave 7 (2017-2020): Haerpfer, C., Inglehart, R., Moreno, A., Welzel, C., Kizilova, K., Diez-Medrano J., M. Lagos, P. Norris, E. Ponarin & B. Puranen et al. (eds.). 2020. World Values Survey: Round Seven – Country-Pooled Datafile. Madrid, Spain & Vienna, Austria: JD Systems Institute & WVSA Secretariat.] doi:10.14281/18241.1
  18. ^ a b ピュー研究所『世界のキリスト教徒』(英語版)。2011年。
  19. ^ 宇田進『福音主義キリスト教と福音派』
  20. ^ 尾山令仁『クリスチャンの和解と一致』地引網出版
  21. ^ 共立基督教研究所『宣教ハンドブック』
  22. ^ 日本福音同盟『日本の福音派』
  23. ^ ピーター・バイヤーハウス 『宣教のめざす道-エキュメニカルと福音派の間-』いのちのことば社
  24. ^ 尾山令仁『聖書の教理』羊群社
  25. ^ 渡辺信夫『アジア伝道史』いのちのことば社
  26. ^ 日本伝道会議『日本開国とプロテスタント宣教150年』2009年
  27. ^ トマス・ブラウン『スコットランドにおける教会と国家』すぐ書房
  28. ^ ケアンズ『基督教全史』聖書図書刊行会
  29. ^ カナダ合同教会に歓迎!
  30. ^ 合同教会について (英語)
  31. ^ 日本聖公会大阪教区
  32. ^ 折原浩『ヴェーバー学のすすめ』未来社、2003年
  33. ^ POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  34. ^ ルイ・デュモン (1993)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロテスタント」の関連用語

プロテスタントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロテスタントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロテスタント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS