vivreとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > vivreの意味・解説 

ビブレ

(vivre から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/30 09:40 UTC 版)

ビブレ(VIVRE)は、イオンモール株式会社および株式会社OPAが運営するファッションビル


注釈

  1. ^ a b 1996年(平成8年)7月1日にマイカルになり[1]、2011年(平成23年)3月1日にイオンリテールに吸収合併された[2]
  2. ^ 横浜ビブレを除く。
  3. ^ その後、さくら野百貨店は2004年(平成16年)1月に髙島屋と業務提携し[24]ハイランドグループに加盟している。

備考

  1. ^ “ニチイからマイカルへ本社看板も交代”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年7月5日)
  2. ^ a b c 武内彩(1998年8月4日). “サティ:名称「イオン」に 全国91店舗で”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ “地域密着型のイオンへ/高松サティで「入社式」”. 四国新聞(四国新聞社).(2011年3月1日)
  4. ^ a b “完全子会社の再編(会社分割及び吸収合併)による都市型SC事業の構造改革について”. イオンモール株式会社. (2020年12月1日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/8905/tdnet/1910228/00.pdf 2021年3月2日閲覧。 
  5. ^ 山下剛『MYCALグループ 時代の感性を読む経営』講談社、1990年12月。 
  6. ^ a b c 山崎聖文 『ニチイ MYCAL グループの挑戦 進化・成長する生活提案企業の全貌』 ダイヤモンド社、1988年11月。ISBN 978-4478310496
  7. ^ a b c d e f g h i j 近藤公彦 『業態開発におけるイノベーションと競争 ビブレのケース』 流通研究 第5巻第1号 (日本商学学会) (2002年)
  8. ^ 高井眞・橋本徹 『大阪経済のダイナミズム 企業環境の変遷と展望』 清文社、1990年3月。ISBN 978-4792018009
  9. ^ a b “マイカル、旗艦店の原宿表参道ビブレを10月22日で閉店へ 東京都渋谷区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年6月12日)
  10. ^ a b さくら野百貨店 企業概要”. さくら野百貨店. 2012年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月6日閲覧。
  11. ^ a b c d 『平成6年 日本百貨店協会統計年報』 日本百貨店協会、1995年3月。
  12. ^ a b “小樽ビブレ8月末で撤退が決まる 北海道小樽市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月25日)
  13. ^ a b c d e “宇多津ビブレなど6店舗、サティに”. 四国新聞(四国新聞社).(2001年5月27日)
  14. ^ a b “マイカル、「マイカル明石店」開店 ビブレとサティ食品展開は初”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年11月3日)
  15. ^ a b c “ニチイ、フルライン機能備え「北大路ビブレ」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年3月15日)
  16. ^ “(株)光洋 京都・北大路ビブレ1階に KOHYO北大路店 京都市北区小山北上総町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年7月5日)
  17. ^ “三菱商事が「原宿表参道ビブレ」買収 東京都渋谷区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年11月30日)
  18. ^ “県民に不安広がる-マイカル再生法申請”. 四国新聞(四国新聞社).(2001年9月15日)
  19. ^ a b c d e “マイカル、ビブレから業態変換で「北千里サティ」開業、葉物野菜・惣菜を充実”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2003年3月7日)
  20. ^ a b “政策投資銀など基金創設へ/マイカル子会社再建で”. 四国新聞 (四国新聞社). (2002年2月28日)
  21. ^ a b c d ダックビブレ 第24期有価証券報告書 (Report). ダックビブレ. 2002.
  22. ^ a b “「のれん」回復になお時間 さくら野再出発から1年”. 河北新報 (河北新報社). (2003年9月29日)
  23. ^ a b c “再生ビブレの新社名「さくら野百貨店」に”. 河北新報 (河北新報社). (2002年7月30日)
  24. ^ “高島屋、さくら野百貨店支援、営業部長など派遣”. 繊研新聞 (繊研新聞社). (2004年1月7日)
  25. ^ a b “福岡東ビブレ 9月23日 ダイヤモンドシティ・ルクル内にオープン 福岡県粕屋町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年11月9日)
  26. ^ 国内最大級の都市型ファッションビル・ディベロッパー企業が誕生”. イオン株式会社 (2015年11月17日). 2016年1月5日閲覧。
  27. ^ 簡易株式交換による株式会社OPAの完全子会社化に関するお知らせ”. イオンモール株式会社 (2015年11月17日). 2016年1月5日閲覧。
  28. ^ “京都から「ビブレ」が消滅 「北大路ビブレ」が「イオンモール北大路」に改称”. 京都新聞. (2022年5月10日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/786746 2022年5月30日閲覧。 
  29. ^ 松信太助:編 石井光太郎・東海林静男:監修 『横浜近代史総合年表』 有隣堂、1989年12月。ISBN 978-4896600919
  30. ^ “イオンモール、「橿原アルル」リニューアルオープン 115専門店など大規模増床”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年11月28日)
  31. ^ “イオンモール橿原アルル 11月25日(火)リニューアルオープン ビブレ新型店を迎え 総テナント数は倍の243店へ 奈良県橿原市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年11月13日)
  32. ^ “マイカル「ワールドポーターズビブレ」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月20日付)
  33. ^ a b c d e 増田勝彦 (2014年4月1日). “高崎ビブレ:閉店 38年の歴史に幕”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  34. ^ a b 増田勝彦 (2013年9月27日). “イオンモール:高崎駅西口に進出 高崎ビブレ・日本通運跡地、2年半後の開業目指す”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  35. ^ イオンモールの新たな成長戦略・都市シフトを本格始動 「(仮称)高崎オーパ」・「(仮称)水戸オーパ」新規出店決定! イオンモール・OPA 2016年6月10日掲載・6月17日閲覧・2017年9月18日リンク修正
  36. ^ “北関東エリア最大級のファッションビル誕生” 高崎駅前に新たなランドマーク 「高崎オーパ」 10月13日(金)AM10:00 グランドオープン OPA・イオンリテール 2017年9月8日掲載・9月10日閲覧
  37. ^ a b “ニチイ、「マイカル桑名」オープン カテゴリー専門化目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1995年3月29日)
  38. ^ 【桑名ビブレ】閉店のお知らせ Archived 2015年9月25日, at the Wayback Machine. - ビブレ公式サイト、2015年4月28日閲覧。
  39. ^ 渡辺聖子(2015年4月18日). “「東急ハンズ」県内初 イオンモール桑名が開店”. 中日新聞 (中日新聞社)
  40. ^ 名古屋モゾオーパ、2019年10月18日開店-ワンダーシティビブレ跡”. 都商研ニュース (2019年8月23日). 2019年9月11日閲覧。
  41. ^ 「名古屋mozoオーパ」2019年10月18日(金)リニューアルオープン!!』(PDF)(プレスリリース)株式会社OPA、2019年8月22日http://pdf.opa-club.com/pdf-upload/files/fe97424ea392585e1a6d90fcea86a350.pdf2019年9月11日閲覧 
  42. ^ “マイカル、「マイカル茨木」が来年元旦の開業決定”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年11月10日)
  43. ^ a b c “奈良ビブレ 22年に幕 女性客『中、高 みんなで集まった場所』”. 読売新聞(読売新聞社). (2013年1月21日)
  44. ^ a b c d 後藤静華 (2013年1月27日). “跡地利用難航「奈良ビブレ」 ”. 読売新聞 (読売新聞社)
  45. ^ “【奈良ビブレ跡地】ホテル断念 マンションに - 1、2階に商業施設”.奈良新聞(奈良新聞社). (2013年2月20日)
  46. ^ “奈良ビブレあす閉店 夏頃までに取り壊し 跡地にホテル構想も”. 産経新聞 (産経新聞社). (2013年1月19日)
  47. ^ a b 『商店街振興組合法施行30周年件商店街連合会創立15周年記念 瀬戸内経済レポート別冊』 瀬戸内経済レポート、1992年9月11日。
  48. ^ a b c “35年の歴史に幕 岡山ビブレ閉店”. 山陽新聞(山陽新聞社). (2014年5月12日)
  49. ^ 久木田照子 (2014年5月10日). “<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  50. ^ “宇多津ビブレ閉店へ/来年2月末、売り上げ半減”. 四国新聞(四国新聞社).(2013年8月31日)
  51. ^ “20年…感謝のセール 宇多津ビブレ閉店 香川” 産経新聞 (産経新聞社). (2014年3月1日)
  52. ^ “旧リゾナーレ宇多津ホテル7月~再開”. 四国新聞(四国新聞社).(2002年4月6日)
  53. ^ “ロイヤルプリンセス宇多津が7月開業”. 四国新聞(四国新聞社).(2002年6月28日)
  54. ^ a b “三貴商事、ホテル事業へ本格参入”. 四国新聞(四国新聞社).(2003年4月6日)
  55. ^ “宇多津ビブレ併設のホテル/需要低迷で閉鎖へ”. 四国新聞(四国新聞社).(2012年8月30日)
  56. ^ “イオンタウン、宇多津に開店 あす、ビブレ後継施設”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年10月23日)
  57. ^ “天神ビブレ閉店 44年の歴史に幕”. 天神経済新聞. (2020年2月12日). https://tenjin.keizai.biz/headline/6833/ 2024年1月6日閲覧。 
  58. ^ “マイカル、天神ビブレ別館2月25日閉鎖 福岡県福岡市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年3月1日)
  59. ^ “筑紫野ビブレ イオンモール筑紫野内にオープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年12月11日)
  60. ^ a b c ビブレジーン筑紫野、2022年1月4日閉店-イオンモールの準核だった「筑紫野VIVRE」、14年の歴史に幕”. 都商研ニュース (2022年1月8日). 2022年6月5日閲覧。
  61. ^ “マイカル、29日「新百合ヶ丘ビブレ」開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年8月6日)
  62. ^ “新百合ヶ丘サティ・ビブレ 11月7日リニューアルオープン 神奈川県川崎市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年11月27日)
  63. ^ a b “マイカル「橋本ビブレ」開店、街を変える生活提案へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年3月20日)
  64. ^ a b 倒産速報 (株)ビオルネ (Report). 東京商工リサーチ. 7 September 2010.
  65. ^ “マイカル サティへ業態転換「枚方サティ」2月27日(水)オープン 大阪府枚方市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年3月24日)
  66. ^ a b c “ニチイ、ヴェル・ノール核店舗「布施ビブレ」3月開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1996年2月21日)
  67. ^ a b “布施駅前サティ 3月28日リニューアルオープン 大阪府東大阪市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年4月7日)
  68. ^ “米子ビブレ、2月25日にいったん閉鎖して三月初旬にはサティで再オープンへ 鳥取県米子市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年2月22日)
  69. ^ a b “東北の8店舗は通常営業/ダックビブレ社長が表明”. 四国新聞 (四国新聞社). (2001年9月15日)
  70. ^ “マイカルが再生法を申請”. 四国新聞 (四国新聞社). (2001年9月15日)
  71. ^ “マイカル、赤字19店舗の閉鎖決定”. 読売新聞 (読売新聞社). (2002年1月29日)
  72. ^ a b 大規模小売店舗立地法第1種・第2種特例区域図 青森県:青森市 (Report). 青森県. (2008年7月7日).
  73. ^ “まるでお祭りさわぎ 「丸光」「緑屋」開店 どっと五万人の客 八戸駅前まで人の波続く”. デーリー東北 (デーリー東北). (1968年6月29日)
  74. ^ a b 弘前市中心市街地活性化基本計画 (Report). 弘前市. (2008年7月9日).
  75. ^ a b c 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012年1月)
  76. ^ a b “今春三月オープンの北上ツインモールは予想以上の大成功”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年7月3日)
  77. ^ 山形市史編さん委員会 『山形市史 現代編 』 山形市、1981年。
  78. ^ “山形ビブレ1月10日に閉店 山形県山形市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年2月7日)
  79. ^ “旧山形ビブレビル九月中旬から解体工事中”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年10月2日)
  80. ^ a b 鈴木実 『火の人 佐々木光男伝』 丸光、1973年。
  81. ^ a b “旧丸光石巻店 解体本格化へ”. 石巻かほく (三陸河北新報社). (2010年7月10日)
  82. ^ “さくら野石巻店が閉店”. 河北新報 (河北新報社). (2008年4月28日)
  83. ^ a b “駅前に活気再び 石巻「エスタ」開店”. 河北新報 (河北新報社). (2008年6月29日)
  84. ^ “百貨店 第二の人生”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年5月10日)
  85. ^ “石巻市庁舎さくら野移転、市が決定 あす議会説明”. 河北新報 (河北新報社). (2008年4月9日) 
  86. ^ “商店街あげ存続運 - 来月9日開店”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年4月11日)
  87. ^ “気仙沼はまるで丸光デー どっと一万五千人”. 三陸新報 (三陸新報社). (1966年6月11日) 
  88. ^ “気仙沼ビブレは来年1月10日で閉店が決定 宮城県気仙沼市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年11月26日)
  89. ^ a b “イコーレ、事実上閉店 気仙沼中心部核店舗”. 河北新報 (河北新報社). (2007年5月13日)
  90. ^ a b c d e “さくら野福島店3月閉店/賃借料交渉が決裂/赤字経営続き継続断念”. 福島民報 (福島民報). (2004年10月30日)
  91. ^ “涙こらえ…/さくら野福島店75年の歴史に幕”. 福島民報 (福島民報). (2005年3月22日)
  92. ^ “「MAXふくしま」開店 県都活性化の起爆剤に 旧さくら野百貨店ビル跡地”. 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2010年11月26日)


「ビブレ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「vivre」の関連用語

vivreのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



vivreのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビブレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS