通し打ちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 通し打ちの意味・解説 

通し打ち

読み方:とおしうち

四国遍路の用語で、一回の旅で四国八十八箇所巡りきること。数回分けて八十八箇所巡り達成することを区切り打ちという。通し打ちは日数もかかるし十分な体力も必要となる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通し打ち」の関連用語

通し打ちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



通し打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS