生優しいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生優しいの意味・解説 

なま‐やさし・い【生優しい】

[形][文]なまやさ・しシク中途半端にやさしい。

「今ここで君らが—・い心を出し見たまえ」〈藤村・家〉


なま‐やさし・い【生易・生優】

〔形口〕 [文]なまやさし 〔形シク〕 (「なま」は接頭語

なみひととおりである。たやすい否定とともに用いられることが多い。

黄表紙金々先生造化夢(1794)「塩になるまでは、なまやさしき事にあらず」

あらくれ(1915)〈徳田秋声〉六五「生(ナマ)やさしい金ぢゃ迚も駄目だ」

中途はんぱにやさしい。

くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉三「生柔(ナマヤサ)しい口軟らかい手で嬲り者になるより」

〔名〕



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生優しい」の関連用語

生優しいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生優しいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS