然うしたらとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 然うしたらの意味・解説 

そう‐したら〔さう‐〕【然うしたら】

[接]

前の事柄を仮定し、その場合にあとの事柄が起こることを示す。「今日中仕上げよう。然うしたら明日出掛けられる」

前の事柄を契機として、偶然あとの事柄が起こることを示す。「本を整理した。然うしたら千円札が出てきた」


そう‐したら さう‥ 【然━】

接続

前の事柄を仮定し、その場合に後の事柄が起こることを示す。そのようにしたら。そのときには

滑稽本浮世床(1813‐23)初「ひょっとこを踊って貰はアスそうしたら親分音頭を取て呉ようから」

前の事柄を契機として、偶然、後の事柄が起こることを示す。そうしたところ。

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「試に男女交際論を説て見たのですヨ。さうしたらネ、アノなんですって、私の言葉には漢語が雑(ま)ざるから全然何を言ったのだか解りませんて」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

然うしたらのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



然うしたらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS