アッタラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アッタラの意味・解説 

あったら【可惜/惜】

[副]「あたら」の音変化。「—短い青春を棒に振る」


可惜

読み方:アッタラ(attara)

惜しいことに


アッタラ

東京方言意味・用例
アッタラみすみす惜しい 「好き勝手な事して、あったら命を短くした」


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アッタラ」の関連用語

アッタラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アッタラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS