可惜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 可惜 > 可惜の意味・解説 

あたら [0]可惜

立派なものが相応に扱われていないのを惜しむ意
残念なことに、価値のあるものを失うことが惜しまれるさま。惜しいことに。もったいなくも。あったら好機を逸した 有能人材を失ってしまった いみじき-つはもの一人失ひつ/源氏 浮舟 名詞が続くことが多く連体詞的な用法とみられる場合も多い

あったら [0]可惜

「あたら」の転。 面白い夢を攪(さま)し臭(くさ)つたナ/社会百面相 魯庵

可惜

読み方:アッタラ(attara)

惜しいことに


可惜

読み方:アタラ(atara)

物や物事を負しむときに使われることば。


可惜

出典:『Wiktionary』 (2019/07/12 02:14 UTC 版)

和語の漢字表記

(あたら、あったら

  1. あたら参照



可惜と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可惜」の関連用語

可惜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



可惜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの可惜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS