かごの中の子供たちとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > かごの中の子供たちの意味・解説 

かごの中の子供たち

原題:De Bruit et de fureur
製作国:フランス
製作年:1988
配給:アスキー映画
スタッフ
監督:Jean Claude Brisseau ジャン・クロード・ブリソー
製作:Margaret Menegoz マルガレット・メネゴス

フランス 
脚本:Jean Claude Brisseau ジャン・クロード・ブリソー
撮影:Romain Winding ロマン・ヴァンダン
編集:Maria Luisa Garcia マリア・ルイサ・ガルシア
字幕:古田由紀子 フルタユキコ
キャスト(役名
Vincent Gasperitsch ヴァンサン・ガスプリッシュ (Bruno
Francois Negret フランソワ・ネグレ (Jean Roger
Bruno Cremer ブリュノ・クレメール (Marcel
Fabienne Babe フェビエンヌ・バーブ (Le Professeur)
解説
パリ荒廃したスラムに住む少年たち日常追いながらも、それを抑制利いタッチ豊かな情感中に描き出す、「白い婚礼」のジャン・クロード・ブリソー監督脚本作。製作はマルガレット・メネゴス撮影ロマン・ヴァンダン担当出演ヴァンサン・ガスプリッシュフランソワ・ネグレほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
パリ郊外集合住宅に移ってきた14才少年ブルーノヴァンサン・ガスプリッシュ)の目に映る周囲現実は非常に息苦しいのだった荒れ果てスラム、いつも不在の母。かわりに彼を慰めるものといったら時折幻想中に訪れる優しげな女のイメージぐらいだった。地区学校でブルーノ不良少年のジャン・ロジェ(フランソワ・ネグレ)と知り合う暴力だけを頼りわがもの顔闊歩するジャン・ロジェの不良仲間常識のかけらもなく野卑なジャン・ロジェの父、マルセルブリュノ・クレメール)らの発する強烈磁場ブルーノ否応なく引きつけられてゆく。やがてジャン・ロジェは問題起こし停学処分を受け、久しぶり落ち着き取り戻しブルーノは、彼のことを心配するクラス美し女教師フェビエンヌ・バーブ)から個人教授を受けるようになり、そこにつかの間安らぎ見出してゆく。が、それを妬んだジャン・ロジェの二人教師生徒上の関係にあるという密告により、個人教授取り止めさせられ、現実から拒絶されたブルーノは再び幻想中に閉じ込もり、その中で自ら死を迎える。一方強権的で暴力的な父に自らを同一化させながらも、父が家を出た堅実な兄にばかり関心を示すのに複雑なコンプレックス寄せていたジャン・ロジェはブルーノの死を契機感情爆発させ、父を撃ち殺してしまう。少年鑑別所に送られたジャン・ロジェの手紙が学校退任した女教師のもとに届けられた。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かごの中の子供たち」の関連用語

かごの中の子供たちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かごの中の子供たちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS