*像*とは?

ぞう ざう [1] 【像】

かたち。姿。ありさま。 「理想とする女性の-を思い描く
神仏人・鳥などの形をして描き、また造ったもの。
〘物〙 物体の各点から出た光線束光学系によりそれぞれに対応する一点集束するか、また一点から発散する形の光線束となる場合の、それらの点の集合前者場合実像後者虚像という。

【ぞう】[漢字]

【造】 ざう [音] ゾウ
つくる。 「造化造花造形造語造作造船贋造がんぞう)・偽造構造醸造人造製造創造捏造ねつぞう)・木造
いたる。きわめる。 「造詣ぞうけい)」
にわか。あわただしい。 「造次
【象】 ざう
⇒ しょう〔象〕 [漢]
【像】 ざう [音] ゾウ
かたち。すがた。 「映像影像虚像現像実像想像
かたどったもの。 「偶像肖像銅像仏像
【増( 增 )】 [音] ゾウ
ます。ふえる。 「増員増加増額増強増減増資増収増水増税増設増大増築増発増補急増激増漸増倍増
【憎( 憎 )】 [音] ゾウ
にくむ。きらう。 「憎悪ぞうお)・愛憎
【雑】 ざふ
⇒ ざつ〔雑〕 [漢]
)】 ざう [音] ゾウ
おさめる。しまっておく。 「蔵書蔵版収蔵所蔵貯蔵内蔵秘蔵無尽蔵
かくす。 「蔵匿ぞうとく)・埋蔵
くら。 「経蔵三蔵土蔵宝蔵
大蔵省」の略。 「蔵相
【贈( 贈 )】 [音] ゾウソウ
おくる。与える。 「贈遺贈呈贈答贈与贈賄ぞうわい)・寄贈きぞう)((きそう))
死後官位称号をおくる。 「贈位追贈
【臓(臟)】 ざう [音] ゾウ
はらわた。 「臓器臓腑ぞうふ)・臓物心臓内臓肺臓五臓六腑


作者御堂彰彦

収載図書付喪堂骨董店―“不思議取り扱います
出版社メディアワークス
刊行年月2006.10
シリーズ名電撃文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 06:05 UTC 版)

(ぞう)には、以下のとおり、複数の語義がある。


  1. ^ 解釈が分かれ、人物(生身の人間の姿をしたイエス・キリスト)、聖職者父なる神ヤハウェ)、三位一体の具象ともされる。
  2. ^ ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州シュヴァーベン・アルプのローネタール(はぐれ谷)にあるホーレンシュタイン・シュターデル英語版の洞窟(ホーレンシュタイン山のシュターデル洞窟)。
  3. ^ アメリカ合衆国アラスカ州フェアバンクスで開催される世界氷芸術チャンピオンシップの2010年大会の出展作品。


「像」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/09/28 00:47 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ゾウ) かたち姿ありさま
  2. (ゾウ) 神仏、人、鳥獣などのして描き、また造ったもの。
  3. (ゾウ) 物体から出た光線光学系によりそれぞれ対応する一点集束するか、また一点から発散する光線となる場合の、それらの集合前者場合実像後者虚像という。

訳語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



*像*と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*像*」の関連用語

*像*のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



*像*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS