非バルビツール酸系とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 非バルビツール酸系の意味・解説 

非バルビツール酸系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/14 08:04 UTC 版)

非バルビツール酸系(non-barbiturates)とは、バルビツール酸系の致死性や依存性といった副作用を改良しようと合成された物質の総称である[1]トランキライザー(精神安定剤)の一群である。依存や乱用や催奇性の副作用が問題となり市場から消えていった[1]メプロバメート(アトラキシン)、サリドマイド(イソミン)、メタカロン(ハイミナール)といった1950年代以降に合成された物質が中心となる[1]。後に同じような用途では、ベンゾジアゼピン系の薬が用いられるようになった[1]


  1. ^ a b c d e 村崎充邦 2009.
  2. ^ 沼田, 一、遠藤, 育男「非バルビツール酸系睡眠剤(バラミン)の分析法について」、『信州医学雑誌』第10巻第3号、1961年11月、 258-263頁、 NAID 120002010037
  3. ^ エドワード・ショーター 『精神医学の歴史』 木村定(翻訳)、青土社、1999年10月、374-378頁。ISBN 978-4791757640、A History of Psychiatry: From the Era of the Asylum to the Age of Prozac, 1997
  4. ^ 松枝亜希子 2010, pp. 388-390.
  5. ^ 世界保健機関 (1957) (pdf). WHO Expert Committee on Addiction-Producing Drugs - Seventh Report / WHO Technical Report Series 116 (Report). World Health Organization. pp. 9-10. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_116.pdf. 
  6. ^ 大原健士郎、奥田裕洪、小島洋、有安考義、湯原昭「いわゆる「睡眠薬遊び」について」、『精神医学』第7巻第5号、1965年、 419-425頁、 doi:10.11477/mf.1405200850NAID 40017964343
  7. ^ 松枝亜希子 2010, p. 392.
  8. ^ a b 松枝亜希子 2010, pp. 393-394.
  9. ^ 「資料 通牒通達」、『警察研究』第33巻第2号、1962年2月、 144-145頁。
  10. ^ “睡眠薬遊び流行”. 毎日新聞. (1961年11月12日). http://showa.mainichi.jp/news/1961/11/post-3005.html 2013年3月10日閲覧。 
  11. ^ 松枝亜希子 2010, p. 393.
  12. ^ a b c 松枝亜希子 2010, p. 394.
  13. ^ 村崎光邦「睡眠薬の乱用」、『臨床精神医学』第27巻第4号、1998年、 381-388頁。
  14. ^ エリオット・S・ヴァレンスタイン 2008, pp. 72-74.
  15. ^ *松下正明(総編集) 「IV 国際向精神薬条約」『薬物・アルコール関連障害』 編集:牛島定信、小山司、三好功峰、浅井昌弘、倉知正佳、中根允文、中山書店〈臨床精神医学講座8〉、1999年6月、109-123頁。ISBN 978-4521492018


「非バルビツール酸系」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非バルビツール酸系」の関連用語

非バルビツール酸系のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

郁子

ヘルウィエッラの仲間1

紙袋の口止め

局部照明

ハイロースト

ドット

三元牌

KTM 50SX





非バルビツール酸系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非バルビツール酸系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS