続ぎ歌とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 続ぎ歌の意味・解説 

つぎ うた [0] 【続ぎ歌・継(ぎ)歌・次歌】

歌会和歌詠む一方法。五十首,百首など一定数の題を短冊書き参会者がそれを取って次々と詠むもの。一人詠む歌数は任意で,あとで短冊継ぎ合わせ清書する。鎌倉中期より盛んに行われた。
連歌古称つづけうた。 「連歌白川法皇御世連歌名有り此の号の先は-と云ふ/三冊子
次節つぎぶしの別名。 「次節,又-と云ふ/用捨箱




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

続ぎ歌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホテイシメジ

シャムロック・ミニ

61式戦車

流水方向

デト1000系

五指山猪

大中尾棚田

ゲルマニウム半導体検出器





続ぎ歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS