紀元二千六百年記念行事とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 紀元二千六百年記念行事の意味・解説 

紀元二千六百年記念行事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/20 22:16 UTC 版)

紀元二千六百年記念行事(きげんにせんろっぴゃくねんきねんぎょうじ)とは、1940年(昭和15年)に神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った一連の行事を指す。本ページでは記念行事に記念事業も加えて記述する。


  1. ^ 「神道、海を渡る」大阪朝日新聞昭和16年5月24日
  2. ^ 光華殿は式典後の1946年(昭和21年)8月に小金井大緑地に移築され、その後、武蔵野郷土館となり、現在は江戸東京たてもの園ビジターセンターとなっている。
  3. ^ 当時、日本には事実上の国営放送であるNHKラジオ第1放送しかなかった。民間放送が始まるのは敗戦後の1950年代(昭和25年-昭和34年)
  4. ^ 当時は一般国民が天皇の声を聞くことさえ大変畏れ多いとされ、直立不動の姿勢を取らなければならなかった。
  5. ^ 指南役 『幻の1940年計画 太平洋戦争の前夜、“奇跡の都市”が誕生した』 アスペクト、2009年


「紀元二千六百年記念行事」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紀元二千六百年記念行事」の関連用語

紀元二千六百年記念行事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田中正造

モジュラージャック

ノンホモ牛乳

メルサワ

クレナイゼブラヤドカリ

笹波組

2000形式

鷹入の滝





紀元二千六百年記念行事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紀元二千六百年記念行事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS