知訥とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 知訥の意味・解説 

ちとつ 【知訥】

朝鮮高麗の僧で曹溪山修禅社(禅宗)の開祖俗姓は鄭、号は牧牛子。黄海道洞州(現・瑞興郡)の人。八歳で出家、『六祖壇経』などを学び新し禅宗確立一二〇五年熙宗から許可された。著『真心直説』他。(一一五八一二一〇)

知訥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/27 13:00 UTC 版)

知訥(ちとつ、1158年 - 1210年)は、高麗中期の。韓国仏教界で現在最大勢力を誇る曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の宗祖である。




「知訥」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

知訥に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「知訥」の関連用語

知訥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フタエオオギ

STS-111

タルノウィッツ石

Sony Tablet P

KTM 450 SMR

ケフサゼブラヤドカリ

トゥルーカットビーズ

名古屋型宮型霊柩車





知訥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知訥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS